APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】求人・転職情報
  4. いわば薬剤師業界のマネージャー職の管理薬剤師!出世したい方、求人の探し方教えましょう。

【薬剤師】求人・転職情報いわば薬剤師業界のマネージャー職の管理薬剤師!出世したい方、求人の探し方教えましょう。

2015年8月11日:

管理薬剤師とは、薬剤師の資格をもち、なおかつ店舗の管理全般を行う人のこと。ふつうのお店でいえば「店長」の立場と同じと考えてよいかと思います。薬に関する管理はもちろんのこと、従業員の指導や管理、ドラッグストアであれば薬以外の商品の管理までをまかされる場合もあります。

としてもっと出世をしたい、自分の可能性をもっと生かしたいという方は、「管理薬剤師を目指す」のもひとつの方法です。では管理薬剤師になるにはどうすればよいのでしょうか。求人の探し方を含めお話しします。

管理薬剤師を目指すなら
まずは薬局またはドラッグストアで働く

管理薬剤師に資格はありません。必要となる資格は「薬剤師」のみ。簡単にいえば薬剤師の資格をもってさえいれば、だれでも管理薬剤師になることが可能です。しかし最初にお話ししたように、管理薬剤師の業務は幅広いもの。薬剤師としての仕事にとどまらず、リーダーシップがとれる、管理能力が高い、危機能力が高いなど、求められる資質が多くあります。

もしあなたが現在「薬剤師」として薬局やドラッグストアで働いていて、今後「管理薬剤師」を目指したいと考えているなら、今の職場で働き続けることも選択肢のひとつです。その店で十分に実力を発揮し管理能力があることを認められれば、管理薬剤師となることも可能。ただし勤め先が病院やクリニックという場合は転職が必要です。転職サイトなどで「薬局」または「ドラッグストア」で働くことを検討してください。

管理薬剤師としての経験あり
いますぐ職につきたい場合

すでに管理薬剤師としての経験を積んでいる、もしくは薬剤師として経験を十分積んできたから転職して管理薬剤師になりたいという場合は、転職サイトに登録されることをオススメします。一般的な薬剤師の求人で「管理薬剤師を求む」というのは、そう簡単には見つかりません。お店によっては、急に管理薬剤師が辞めることになったから至急探したいということもあるでしょうが、重要な仕事を任される管理薬剤師を、そう簡単に探すことができないこともわかっているはず。

そんなお店が頼りにしているのが、薬剤師を専門に扱う求人サイト。長年の付き合いから優秀な人材を送りこんでくれるという信頼があれば、そこに求人情報を流すことになります。たとえば20年の実績で医療・医薬業界の信頼を得ている「アポプラス メディカルジョブ」にも、そういった求人情報が流れてきます。「管理薬剤師になりたい」ということで登録された方には優先的に求人情報をご紹介しますので、効率よく「管理薬剤師の求人情報」を入手することができるのです。

薬局・ドラッグストアで出世を目指す!
管理薬剤師への近道は?

管理薬剤師になるには、まず薬剤師の経験を積み、さらにお店のことをよく知りコミュニケーション能力を高めるなどの努力が必要です。具体的に、これから管理薬剤師を目指すという場合は、管理薬剤師を置く「薬局」や「ドラッグストア」へ就職することが第一歩。ひとつのお店で経験を重ね信頼を得て管理薬剤師になるというのが、もっともスムーズで効率的なやり方だと思います。また、管理薬剤師としての経験をもち今すぐ管理薬剤師として働きたいという方は、管理薬剤師を求めている「薬局」や「ドラッグストア」の求人を探すことが必要になります。

場合も大切なのは「就職先選び」。転職することになる場合もありますので、「アポプラス メディカルジョブ」のような薬剤師専門の求人サイトを活用することが、近道になるのです。「アポプラス メディカルジョブ」の場合、求人情報をご紹介するだけではなく、面接日の調整や履歴書の書き方についてのアドバイス、条件交渉なども行っていますので、転職活動がスムーズに進みます。
https://www.apo-mjob.com/service/flow.html

管理薬剤師を目指したいという方は、ぜひ今すぐ「アポプラス メディカルジョブ」にご相談ください。全力でサポートさせていただきます。

お役立ちブログTOPへ