APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】求人・転職情報
  4. 絶対成功させたい!薬剤師の中途採用で重要視されるポイントとは!?

【薬剤師】求人・転職情報絶対成功させたい!薬剤師の中途採用で重要視されるポイントとは!?

2016年9月8日:

薬剤師の仕事は、売り手市場。新卒でも中途採用でも、さまざまな求人がみつかるのが現状です。中途採用だからといって条件を落とす必要はなく、希望の職場を見つけやすいのは薬剤師の特権ともいえます。

中途採用の場合気をつけたいのは、求人側が中途採用者に対して「何を求めているのか」を知ること。リーダー的存在になれる人物を求めている場合、即戦力として働ける人を求めている場合など目的はさまざまなので、この会社や病院が重要視しているポイントは何か?を見極めることが、中途採用を成功させる秘訣になります。では具体的にどうすればよいのか、お話しします。

即戦力を求める場合
経験と実績が重要視される

急な退職者が出るなど即戦力を求めている求人先は、これまでの経験と実績が重要視されます。当然、求人先がドラッグストアの場合、ドラッグストアでの勤務経験があれば優遇されますし、求人先が病院の場合、病院での勤務経験が優遇されます。勤務経験は履歴書をみればだいたいわかりますが、実績については職務経歴書を参考にする場合が多いもの。

中途採用で書類審査を通ろうとする場合、職務経歴書に何を書くかも重要です。これまで多くの経験を経てきた人はすべて書きたくなるかもしれませんが、それでは逆にアピールしたいことが埋もれてしまう場合もあります。求人先が求めているであろう実績を中心に、職務経歴書を書くことも大切です。

リーダーを求める場合
リーダーとしての資質を重要視

管理薬剤師が急に退職をしたから、今すぐ「管理薬剤師」となり得るリーダー的人物を採用したい。そう考えている求人先は、「管理薬剤師」の経験がある人を優遇してくれます。しかし管理薬剤師の経験がなくても、自分にはリーダーとしての資質が備わっており、ここに就職したいと考えた場合は「職務経歴書」「面接」などで自分の管理能力をアピールすることもできます。

リーダーとしての資質といえば「聞き上手であること」「頭の回転が速いこと」「信頼できること」などがあげられます。「職務経歴書」の中で「○○という病院の△△チームでリーダーとしてチームをまとめた」というのはひとつのアピールポイントになります。また面接では、面接官の話しをしっかり聞き的確な回答をし、ときには鋭い質問や意見を投げかけ「理解力がある人だな」と感じさせることがアピールにつながる場合もあります。

薬剤師の中途採用に向けて
資格をとることも重要なポイント

薬剤師には、さまざまな認定資格があることをご存じでしょうか。たとえば日本SMO協会が認定する「公認CRC制度」。円滑な治験支援業務を行うための知識が備わっているかを認定してくれる制度です。ほかにも日本医学薬学会が認定する「がん専門薬剤師」、日本病院薬剤師会が認定する「精神科専門薬剤師」、日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が合同認定する「漢方薬・生薬認定薬剤師」など、さまざまな団体が認定する資格があるのです。

自分の経験や実績を形にして表せる「認定資格」。これをもっていることも中途採用の大きなアピールポイントになりますので、資格取得を考えるのもひとつの方法といえます。

薬剤師の中途採用
希望の仕事につくために

薬剤師は売り手市場で、たとえ中途採用であっても、よりよい職場に就職できる可能性は高いもの。希望の仕事につくための方法はさまざまありますが、仕事をしながら職を探したり、子育てや介護をしながら職を探したりするのは、簡単なことではありません。

そこで希望の仕事につくためには、就職のサポートを行ってくれる専門の求人サイトを利用することもひとつの方法です。たとえば「アポプラス メディカルジョブ」では、薬剤師限定の「個別転職セミナー」を無料で行っています。「これまでの経験や実績から、こんな仕事につきたいと思っている」というご要望をお伺いするだけではなく、「このような経験や実績をおもちなら、こんな職場もあります」とご提案をすることもできます。セミナーといっても一対一で行いますので、詳しくお話しをいただければこちらもより丁寧にご相談にのることが可能です。さらに転職を具体的に考える場合は、専任のキャリアコンサルタントがつき個別に対応させていただきますので、安心して職探しをすることができます。もちろん費用は一切かかりません。薬剤師としてステップアップしたいとお考えの方は、ぜひご相談いただければと思います。

「個別転職セミナー」についてはコチラ

お役立ちブログTOPへ