APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】求人・転職情報
  4. 薬剤師の求人は自分で探すより紹介が有利?メリデメまとめました。

【薬剤師】求人・転職情報薬剤師の求人は自分で探すより紹介が有利?メリデメまとめました。

2015年9月24日:

薬剤師の求人情報は、比較的数多くあります。自分で探す、知人に紹介してもらう、紹介してくれる会社を利用する、などさまざまな方法で仕事を探すことができますが、希望どおりの求人を探すためにはどの方法が一番有利だと思われますか?

薬剤師求人の探し方について、メリット・デメリットをまとめてみました。

1)自分で探す
マイペースで探したい方に

自分で探す場合、自分のペースで探せることが一番のメリット。紹介を待つわけではありませんから、時間が空いたときに自由に探すことができます。では、自分で探す場合、どのような方法をとるでしょうか? 通常はハローワークを使うのが一般的です。お近くのハローワークに出向き、相談するのもひとつの方法。最近ではハローワークもインターネットサービスが充実していて、パソコンひとつで就職先を探すことができます。しかし、その中にデメリットが・・・。

ハローワークの求人検索は「種類(フルタイムかパートかなど)」「都道府県や市町村」「年齢」などのほかに選べるカテゴリが、あまり細かく分けられていません。薬剤師の場合、希望する職種「専門的・技術的職業」、希望する産業「医療・福祉」までしか選ぶことができないので、検索結果の画面には「歯科衛生士」や「ケアワーカー」「訪問看護師」「作業療法士」など、さまざまな職業の求人が記載されています。その中から「薬剤師」だけを抽出するには、さらにフリーワードで「薬剤師」を入れる必要があります。意外に手間がかかるうえ、仕事の内容などが画面上では細かく記載されていないので、判断するのが難しいと感じる方もいらっしゃいます。

マイペースに探せるというメリットと、手間がかかるというデメリットがあるようです。

2)知人に紹介してもらう
信頼できる求人情報がみつかる

知人に紹介してもらう場合かなり信頼性の高い求人情報であることが多いので、そこが最大のメリットになります。しかも知人を介しての紹介の場合、採用される確率も相当高いと考えられますからメリットばかりのようにも思えます。

しかし場合によっては「知人に紹介してもらったから、断りにくい」というデメリットもあります。知人とのつながり具合にもよりますが、中には「自分の思っていた職場とは違うな」ということもあるかもしれません。何より知人に紹介してもらうというのは割合としては少ないので、条件とタイミングがあったときにはとてもよい求人探しの方法になりますが、確率的には難しい方法です。

つまり、信頼性の高い求人情報であるというメリットと、場合によっては断りにくい、よいタイミングで情報をもらえないというデメリットがあるのです。

3)紹介してくれる会社を利用
会社選びが重要です

最後に、紹介してくれる会社を利用するという方法があります。自分で探す時間がない、仕事を紹介してもらう知人もいない、そんなときには利用する価値大です。「薬剤師の求人」で検索すると、薬剤師専門の求人サイトが実に数多くあることがわかります。それらの会社は薬剤師の求人だけを扱っていますので、求人探しが実に楽。多くの情報を瞬時に得ることができます。また、会社によっては仕事探しのサポートを行っているところなどもあります。

デメリットとして考えられるのは、選んだ会社によって求人数やサポートの内容が違うため思ったとおりの求人が見つけられない場合があること。信頼できる会社を選び、期待どおりの求人を見つけられるかどうかがポイントになります。会社を選ぶときは「どんな求人情報をもっているか」「実績はどうか」「口コミや評判はどうか」など、細かくチェックされることをオススメします。

つまり多くの薬剤師求人情報を即座に得ることができたり、仕事探しのサポートが受けられるというメリットがある一方で、信頼できる会社かどうかを見極められない場合、逆にデメリットになってしまうこともあります。

薬剤師求人は紹介がいい?
メリット・デメリットを比較し自分にあった仕事探しを

それぞれの薬剤師求人探しのメリット・デメリットについて考えてみました。自分の状況に応じて自分にあった仕事探しの方法を選択し、希望の職場に就職していただければと思います。

お役立ちブログTOPへ