APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】体験談
  4. 就職希望者は必見!ドラッグストアの薬剤師さん達のあるある集めました!

【薬剤師】体験談就職希望者は必見!ドラッグストアの薬剤師さん達のあるある集めました!

2015年6月1日:

ドラッグストアは調剤薬局に比べて年収が高いといわれており、ドラッグストアへの 転職を考えたことのある薬剤師の方も多いようです。実際、ドラッグストアの年収は 高いのですが、それにはちゃんと理由があります。年収だけをみて転職して後悔 しないよう、ドラッグストアに勤める薬剤師さんならではの「あるある」を 集めてみました!

あるある「その1」
OTC医薬品にがぜん強くなる!

OTC医薬品とはもちろん、一般の医薬品のこと。調剤薬局ではほとんど「医療医薬品」しか扱わないため、OTC医薬品について
勉強する機会は少ないのではないでしょうか。その点ドラッグストアはOTC医薬品のオンパレード。お客さんからも「風邪薬、
○○と●●どっちが効くの?」などと普通に聞かれてしまいます。
薬剤師なら成分の含有量などをみて「この風邪薬は鼻水の症状に効いて、こっちは熱を下げてくれる・・・」など判断がつくので、
アドバイスできます。自分の会社の薬を勧めたい医薬品メーカーの立場ではなく中立の立場で紹介できるので、たいていの
お客さんは薬剤師が勧めたものをお買い求めになるようです。この瞬間がうれしいと思っている、ドラッグストアの薬剤師も
多いのだとか。

あるある「その2」
給料は上がったが仕事は増える?

勤め先によっても違いますが、確かにドラッグストアの年収は調剤薬局に比べてグンと高くなります。しかしこれは「働く時間の
長さ」も関係しています。まず、調剤薬局の営業時間とドラッグストアの営業時間が違います。最近は遅くまで営業している便利な
ドラッグストアも多いもの。そのため、ドラッグストアは勤務時間が長くなったり終業時間が遅くなったりします。また、主に
調剤するのが仕事という「調剤薬局」に比べ、OTC医薬品など扱う医薬品の数が増える「ドラッグストア」は仕事が増えるという
印象を抱く方もいるようです。「仕事が増える=給料が上がる」という当たり前の構図といえるかもしれません。

あるある「その3」
家族に頼りにされるようになった!

薬剤師になってから、家族に薬についてのアドバイスを求められるようになったという方も多いようです。なるべく病院に
行きたくない家族が、「お腹が痛いのだけど、何飲めばいい?」「鼻水が止まらないんだけど、家にあるこの薬効かないのよね」
などと相談してくるのだとか。ただし、調剤薬局で働く薬剤師の場合はOTC医薬品を扱うことが少ないため、すぐに答えられない
こともありますが、ドラッグストアの薬剤師はOTC医薬品に強くなるために、家族の信頼がより高まった!という人も多いようです。
ただ、実は薬だけでは心配だから病院行ったほうがいいよ・・・というのが薬剤師の本音のようです。

ドラッグストアで働きたい?
あるあるネタを参考にじっくり考えて!

ドラッグストアの薬剤師、あるあるネタ3つをご紹介しましたが、いかがでしたか? 転職を考えている方にとって、気になる
内容だったかと思います。ドラッグストアで働くと年収が高くなることは事実ですが、それには理由もあります。

ドラッグストアという勤務先は、「働く時間帯は気にしないし、とにかく年収をアップさせたい」という方や「子どもの手も
離れたから、バリバリ働きたい」という方などに向いているかもしれません。逆に「まだ子どもが小さいから仕事時間はなるべく
短くしたい」「家族優先で働きたいから土日祝日はしっかり休みたい」という方向きではないかもしれません。ただ、これは
一般的な事象です。実際はお一人お一人ご事情も変わり、ドラッグストア向きではないと思っていた薬剤師さんが、よくよくお話を
聞くと「実はドラッグストア向きだった」や、その逆もしかり・・・。どういうところが自分にあっているのかなど、まずはプロの
キャリアコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか?薬剤師の転職サポートを専門で行っているアポプラスステーション
では、薬剤師転職支援10年以上の経験を持つキャリアコンサルタントが複数在籍中。じっくりと対応をしてくれます。
ぜひ相談してみてください。

お役立ちブログTOPへ