APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスキャリア株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. 転職お役だち情報
  3. 薬剤師のやりがいとは?モチベーションの保ち方実例集

薬剤師のやりがいとは?モチベーションの保ち方実例集

薬に関する専門知識を活かし、日本の医療を支える存在でもある薬剤師。調剤薬局や病院、ドラッグストア、企業といった、幅広い活躍の場があり、その業務内容や働き方もさまざまです。重要な役割を担う一方で、仕事を続けていくには、「薬剤師としてのやりがいが得られるか」「自分に合った働き方ができているか」といった点が大きく影響します。
では、薬剤師が感じるやりがいとは、具体的にどのようなものでしょうか。また、やりがいが失われる原因には、何があるのでしょうか。やりがいを見つけ、モチベーションを保ちながら働くためのポイントをご紹介します。

薬剤師がやりがいを感じるポイント

働く上で、大切にしたいのがやりがいです。では、薬剤師が仕事のやりがいを感じるポイントは、どこにあるのでしょうか。

医療貢献

薬剤師は、調剤薬局やドラッグストア、病院以外にも、製薬会社や食品会社などの研究・開発職、MR(医療情報担当者)や医薬品製造・管理施設の管理薬剤師、さらには行政機関や医薬教育の現場など、幅広い分野で活躍しています。地域医療への貢献や、特定の医療分野の最先端に携われることは、大きな魅力といえるでしょう。高齢化が進む日本において、医療の重要性はより高まりを見せており、薬剤師に対する需要は今後も拡大すると見られています。

将来性

薬剤師は、実務経験を積んで管理薬剤師になったり、将来的には独立開業を目指したりと、将来性の高さも魅力です。企業に勤める企業薬剤師の場合も、大企業の研究部門の研究職などに就くことで、高年収を目指すことができるでしょう。
また、病院薬剤師の場合、より専門的な分野の薬剤の知識やスキルを磨くことができます。専門分野でスキルアップやキャリアアップを目指し、病院薬剤師で経験を積む方も多くいます。

ライフステージに合った働き方ができる

薬剤師は、女性が働きやすいという点も魅力です。残業の少ない職場や時短勤務可能な職場を選べば、出産などでライフステージに変化があった場合でも、柔軟に働くことができます。ママ薬剤師として、子育てと両立しながら働く薬剤師も少なくありません。資格さえ持っていれば、長く働ける環境が整っています。

多くの人に感謝される

薬剤師は、患者のみなさんから薬に関する説明や相談を求められます。そのため、患者のみなさんの疑問を解決したり、薬の飲み方などのアドバイスをしたりする際に、感謝されることが多いようです。患者のみなさんから、直接「ありがとう」の言葉をもらえることで、人の役に立っていると実感することができ、やりがいにもつながります。

薬剤師の働き方別・やりがい具体例

薬剤師は、さまざまな働き方が可能です。ここではおもな職場別に、仕事に感じるやりがいの具体例を見ていきましょう。

調剤薬局

地域住民に薬を処方することがメイン業務となる調剤薬局は、地域医療に貢献できるという点でやりがいが感じられるでしょう。かかりつけ薬剤師として患者のみなさんへの服薬指導や健康管理を行うこともあり、対面での患者のみなさんとのつながりに重点を置きながら働きたい方におすすめです。

病院・クリニック

病院薬剤師は、患者のみなさんの回復の様子を実際に確認しながらサポートしていくことができます。また、チーム医療にも参加するため、医師や看護師といったほかの医療従事者とも連携し、高度な治療に携わることができる点も、病院薬剤師ならではのやりがいです。「医療現場でチームの一員として活躍している」という実感を得られます。
内科や皮膚科といった希望の診療科の薬剤師となれば、より専門的な分野の医薬品スペシャリストを目指すこともできるでしょう。

製薬会社やメーカーなどの企業

企業に勤める企業薬剤師の場合は、研究や開発がおもな仕事です。製薬会社や化粧品・食品のメーカー、治験受託開発機関などでは、新薬などの研究・開発に携わることができます。
また、自分が開発に携わった医薬品が人々の健康に貢献したり、利益を生み出したりすることを実感できるため、調剤薬局や病院の薬剤師とは、異なる魅力のある仕事です。

ドラッグストア

ドラッグストアの薬剤師の仕事は、対応する患者層の広さが大きな特徴です。調剤薬局で取り扱う医薬品は、「医療用医薬品」が大半ですが、ドラッグストアの場合は「OTC医薬品(処方箋なしで購入できる一般用医薬品)」を幅広く取り扱います。風邪薬と一口にいってもさまざまな種類があるため、ドラッグストアの薬剤師は、お客さんの症状などに応じてアドバイスしていきます。
こうした、取り扱う医薬品の豊富さや患者のみなさんの層の広さが、やりがいやスキルアップにつながると感じる薬剤師も多いようです。

薬剤師のやりがいがなくなる原因は?

どんな仕事にも、やりがいや魅力ばかりではなく、モチベーションが下がってしまう原因は付き物です。薬剤師の場合、どのような理由でやりがいが損なわれるのでしょうか。

人間関係

どんな業界や職種でも、職場の人間関係のトラブルは、退職や転職の原因となりがちです。薬剤師特有の人間関係のトラブルとしては、「同じ薬剤師でも、仕事に対する意識の差が激しい」といったことが挙げられます。
業務を最低限こなすだけで、薬剤に関する知識やスキルのアップデートをしようとしない薬剤師の多い職場は、薬局としてのレベルも低く、ストレスを感じやすくなります。スキルアップやキャリアアップを目指す薬剤師にとっては、転職を選ぶ原因にもつながります。

労働環境

資格職である薬剤師は、一般的にはハードワークではないイメージがあります。しかし、患者のみなさんの数に対して薬剤師が不足している薬局などの場合は、仕事量が多く、残業が当たり前になることも。毎日の業務に追われて、なかなか労働環境の改善ができないという職場もあるでしょう。

待遇や評価に不満

国家資格を有する薬剤師は高収入と思われがちですが、実際の給与体系は固定的で、責任の大きい仕事でありながら、その待遇や評価が見合っていないと感じる薬剤師も少なくありません。また、薬剤師の給与体系は、最初はほかの職種よりも比較的高水準の給料と思えても、その後の昇給が難しいという特徴もあります。

成長できない

多くの薬剤師が、現在の職場ではなかなかスキルアップやキャリアアップができないという不満を持っているようです。これは、日々の業務が忙しく、自分のための勉強に回せる時間に余裕がなかったり、職場にスキルアップのための研修制度がなかったりすることが原因です。成長が望めない職場環境は、早期退職や転職の大きな原因となるでしょう。

モチベーションを上げるためにできること

ストレスや悩みを持ったまま働き続けるのは、とてもつらいことです。では、薬剤師がモチベーションを高く保ちながら働き続けるためには、どのようなことができるのでしょうか。

環境の改善を会社に相談する

「労働時間が長い」「仕事量が多い」といった労働環境を、自分一人で改善することは難しいため、まずは改善点や待遇についての希望を、経営側に相談することも大切です。長くその職場で働いてもらうために、経営側が何かしらの策を講じてくれれば、モチベーションアップにつながります。

副業で違う経験を積む

現在の職場ではスキルアップやキャリアアップが望めない場合、副業で経験を積むという手もあります。公務員として勤務する薬剤師と調剤薬局の管理薬剤師は、副業が原則禁止されていますが、それ以外の一般的な薬剤師であれば、就業規則などで禁止されていない限り、副業が可能です。
薬剤師の知識やスキルを活かせる副業としては、書類の作成、医療翻訳業務、メディカルライターなどの、インターネットを通して仕事を請け負う在宅ワークがあります。また、空いた時間を活用して、ほかの店舗でダブルワークをする薬剤師もいます。

働き方を変える

現在の働き方ではモチベーションが維持できず、環境改善や副業も難しい場合は、思い切って雇用形態や職場を変えるという方法もあります。
正社員から派遣社員(またはパート社員)へと雇用形態を変えれば、勤務時間や収入面での変化を感じることができます。また、調剤薬局からドラッグストア、またはドラッグストアから調剤薬局など、転職によって職場を変えてみることで、新たなやりがいを発見できることもあります。

モチベーションアップのための転職は、アポプラス薬剤師へご相談ください

アポプラス薬剤師は、薬剤師に特化した転職サポートをさせていただきます。転職で失敗しないためにも、ぜひ薬剤師専任のコンサルタントのサポートをご活用ください。
希望条件に応じた転職先探しとともに、キャリアプランの設計もお手伝いいたします。初めての転職を検討されている薬剤師の方は、まずはお気軽にご相談ください。


今のご希望とご家庭の状況により、自分にあった働き方は何か、まずはご相談ください。
すぐに転職を検討されていなくても大丈夫です。
人事・法務関係の知識も豊富な薬剤師専任コンサルタントがお話を伺います。