薬剤師 求人TOP > 転職成功マニュアル > 目指せ認定薬剤師

目指せ 認定薬剤師

認定薬剤師とは?

一定の研修を受けた実績を保証する認定証のこと

薬剤師の仕事は多種多様です。
処方せんによる調剤、服薬指導、薬の在庫管理や品質管理、研究・開発、専門的な情報提供など、人の健康にかかわる、非常に重要な内容となっています。
その為、刻々と変わる薬業界の知識についていくためにも、日々自己研磨が不可欠です。
そんな中、「専門の薬の知識を増やし、薬剤師としても能力を高める」為に、薬剤師認定制度を薬剤師認定制度認証機構(CPC)が第三者評価機関として制定しました。各地にこのCPCによって認証された、単位を授与することができる認定薬剤師認証研修機関が存在しており、どの研修機関で取得した単位でも合計習得単位としてカウントされます。
簡単に言うと、「薬剤師の質を保つ為に作られた制度」です。

認定薬剤師の種類は?

認定薬剤師の種類は大変多く、活躍の場も広がります。

  • 研修認定薬剤師
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師
  • 在宅療養支援薬剤師
  • HIV感染症薬物療法認定薬剤師
  • 救急認定薬剤師
  • 認定実務実習指導薬剤師
  • 緩和薬物療法認定薬剤師
  • 感染制御認定薬剤師
  • 精神科薬物療法認定薬剤師
  • 認定指導者(認定指導薬剤師)
  • がん薬物療法認定薬剤師
  • プライマリ・ケア認定薬剤師
  • 抗菌化学療法認定薬剤師
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
  • スポーツファーマシスト

認定薬剤師になるには?

Step1 研修手帳を取得する

Step2 研修受講シールを集める

Step3 シールを研修手帳に張り、研修内容を記録する

Step4 認定手数料を振り込み、研修手帳と共に研修認定薬剤師申請書を都道府県薬剤師研修協議会に提出する

Step5 研修認定薬剤師として登録、認定薬剤師証が交付される(以後3年ごとに更新が必要)

以上の流れで取得できます。
何らかの試験に合格して取得出来るのではなく、研修を受講し、証明出来るものを提出すれば取得できる制度です。

認定薬剤師に認定されるメリットとは?

本制度の目的は、自己研鑽に努めた薬剤師の、その実績の保証です。 この保証は、患者による薬剤師の選択を助け、患者に信頼と安心を与える大きなメリットになります。
今後、薬剤師免許の更新と同じ効果を期待されています。

認定薬剤師への期待

「チーム医療」とは、一人の患者様に対して、医師をはじめ、看護師、薬剤師、管理栄養士などの医療従事者が連携しながら、よりよい治療やケアをおこなうことができる取り組みのことを言い、医療の在り方を考えなおすキーワードとして、現在大変な注目を集めています。
薬剤師の業務は、「調剤行為を含む医薬品を供給する専門職」から、「患者様の様々な病態における医薬品の使用を包括的に管理し、物療法の安全性・有効性を保障する専門職」へ変わりつつあります。
病院薬剤師のみならず、保険調剤薬剤師でも同じことが言えます。
今後、医療はますます高度で複雑化していくと予想されるため、医療チームの一員として医師・看護師と同様に臨床現場に立ち、効果的な薬物治療を行うために活躍する医療職が今後期待される薬剤師です。
そこで活躍していく、核となるのが「認定薬剤師」です。

「認定薬剤師」を取得できる転職サポート事例

転職サポートを受ける

無料!転職サポートに登録するとできること 無料 まずは相談