薬剤師 求人TOP > 転職成功マニュアル > 目指せ専門薬剤師

目指せ 専門薬剤師

専門薬剤師とは?

医療業界の技術・知識が専門家されるにつれて、薬の中でもさらに専門性が求められるようになりました。 そんな医療業界の専門化に合わせて、専門領域での最新の知識・技能があることを証明する資格です。

専門薬剤師の領域

現在、専門性が必要とされるのは下記の5つの領域です。

がん専門薬剤師 専門領域の病気を深く理解し、薬の専門知識を生かすとともに、患者さんを取り巻く環境などを考慮して、安全で効果的な薬物治療を推進しています。
精神科専門薬剤師
HIV感染症専門薬剤師
妊婦・授乳婦専門薬剤師 妊娠・授乳期の薬に関する高度な知識と正確な情報収集技術で、母子への薬の影響を考え、医師と連携して母子の健康に貢献しています。
感染制御専門薬剤師 細菌やウイルスの感染、消毒薬や抗菌薬に対する高度な知識を持って、患者さんの安全と安心できる治療環境を提供するために幅広く活動しています。

専門薬剤師資格を取得するには?

専門薬剤師資格を取得するには、原則、先に認定薬剤師に認定されている必要があります。(資格の種類によって異なります。)更に、専門領域の学会に所属し、論文を提出する必要があります。
また申請資格を有するに値する履修、実施研修、実務経験などを積まなくてはなりません。以上のような試験の受験資格を得た薬剤師が、専門薬剤師認定試験に合格し、初めて専門薬剤師に認定されます。
そして、資格を取得したとしても、専門薬剤師の期限は5年間なので、5年ごとに更新しなければなりません。その領域の専門家として、常に最新の知識・技能を兼ね備えている必要があると考えられているからです。

専門薬剤師に認定されるメリットとは?

専門薬剤師資格を取得しているということは、その領域に関する最新の知識・技術と専門性を持っていることの証、証明と言えます。

そして年収としては、専門薬剤師に資格手当を支給する病院も出てきており、将来的には、専門性の高い領域を扱っている病院全てで資格手当が支給されてと考えられます。

専門薬剤師への期待

「チーム医療」とは、一人の患者様に対して、医師をはじめ、看護師、薬剤師、管理栄養士などの医療従事者が連携しながら、よりよい治療やケアをおこなうことができる取り組みのことを言い、医療の在り方を考えなおすキーワードとして、現在大変な注目を集めています。
薬剤師の業務は、「調剤行為を含む医薬品を供給する専門職」から、「患者様の様々な病態における医薬品の使用を包括的に管理し、物療法の安全性・有効性を保障する専門職」へ変わりつつあります。
病院薬剤師のみならず、保険調剤薬剤師でも同じことが言えます。
今後、医療はますます高度で複雑化していくと予想されるため、医療チームの一員として医師・看護師と同様に臨床現場に立ち、効果的な薬物治療を行うために活躍する医療職が今後期待される薬剤師です。
そこで活躍していく、核となるのが「認定薬剤師」です。

転職サポートを受ける

無料!転職サポートに登録するとできること 無料 まずは相談