APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、
下記の通り営業時間を短縮致します。
営業時間:月~金曜(祝・祭日を除く)9:00~18:00
(通常 9:00~20:00)
ご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】業界情報

【薬剤師】業界情報

  • 他の薬剤師はこんなときどうしているの?薬剤師さん特有のお仕事現場のお悩み解決情報
  • あの街、あの地域の薬剤師のお給料事情
  • 薬剤師さん限定のお得情報や、これを知らないと損をする!?薬剤師マル得情報

などなど、お仕事から、プライベートまで「薬剤師の薬剤師による薬剤師のためのオヤクダチ情報」をお届けします!

入学式・仕事はじめ...始まりの多い4月は緊張の連続!薬剤師ならではの緊張の緩和方法教えます

2016年04月21日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年4月21日: 新生活が始まる...そんなときは初対面の人と会うことが多かったり、 自己紹介をする機会が増えたり、緊張する場面が多くなります。 緊張することは悪いことではありませんが、人より過剰に緊張するタイプだ...と 思っている方には辛い場合もあります。 緊張する理由は「慣れない場所にいる時」「プレッシャーを感じた時」 「準備や練習が不足している時」など、さまざまです。 理由がさまざ…

もうすぐ薬剤師として社会人デビュー...そんなあなたが肝に銘じておきたい重要なこととは?

2016年04月19日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年4月19日: 薬剤師になるには、まず資格を取得することが必要です。 しかし「資格があるから薬剤師」とはいえないと考える方も多いようです。 それは薬剤師の関わる"薬や医療"は日々進歩している分野であり、薬剤師として 学び続けることが必要な職業だからです。 2007年5月の薬事日報(学生版)の中でも、内山充氏が以下のように 書いています。 "薬剤師になるのが人生の目的ではなく、薬剤師として…

【花粉症の方必見!】薬剤師がすすめる、劇的に改善する花粉症改善方法を一挙ご紹介。

2016年04月14日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年4月14日: 花粉症になった場合、薬で治すよりも病院に行ったほうがよいと聞いた方も 多いかもしれません。 確かに「自分がどの花粉によってアレルギーが起こっているのか」を 知りたいときや、そもそも「花粉なのか他の原因でアレルギー症状がでているのか」 がわからない場合などは、病院へ行ったほうがよいかもしれません。 しかし最近は花粉症の薬も、医師の処方薬として使用されていた薬の安全性と 効果…

これで調剤をスマートに解決!薬局向けスマートフォンアプリ「ヘルスケア手帳」について

2016年04月12日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年4月12日: 薬局で使える新しいシステム、「ヘルスケア手帳」というアプリがあることを ご存じでしょうか。 薬局の利用者である患者さんが処方箋を撮影し薬局に送付することで、 スムーズに薬を受け取れるようにできるというシステムです。 2014年7月15日に、パナソニックより発売されたサービスですので、すでに導入 されている薬局もあるかもしれません。 ▼薬局向けに「ヘルスケア手帳」サービスを…

かかりつけ薬局の上をいく!?健康情報拠点薬局とは?

2016年04月07日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年4月7日: 厚生労働省が2015年6月4日に、「健康情報拠点薬局(仮称)」を導入する意向を発表したのをご存じでしょうか?政府は医療費抑制政策として、さまざまな提案を打ち出していますが、これもそのうちのひとつです。具体的に「健康情報拠点薬局」とはどういうものなのか?薬剤師はそこでどんな役割を果たすべきなのか?お話しします。 かかりつけ薬局とは違うもの?健康情報拠点薬局の定義とは 健康情報…

処方箋をもらってから薬局まで遠い!!そんな悩みは近々解消するかもしれません!

2016年04月04日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年4月4日: 薬剤師をはじめ、医療関係者なら「医薬分業」という言葉はご存じのとおりです。しかし内閣府が行ったインターネット調査によると、一般の方で「医薬分業」という言葉を知っている人は47.8%となっており、半数程度にとどまっていることがわかります。医薬分業という考え方の元、現在は処方箋を扱う薬局が遠い場所にある場合も多いようですが、それに対して不満をもっている方もいらっしゃいます。そこ…

大手ドラッグストアの門前薬局にあやしい影が...調剤基本料引き下げによる影響とは??

2016年03月31日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年3月31日: 医薬分業の考えのもと院外処方が浸透し、調剤薬局の数は近年増加しました。タウンページのデータベースによると、2003年が49,616件だったのに対し毎年徐々に増加。2011年には52,735件になりました。さらに2012年は一気に4,000件ほど増加し56,516件となっています。▼タウンページデータベース「薬局の登録件数推移」参照 http://tpdb.jp/townp…

これから薬剤師の評価は患者が決める時代に?かかりつけ薬局制度案とはいかに?

2016年03月29日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年3月29日: 「かかりつけ薬局」という言葉を聞いたことがある薬剤師の方は多いと思います。患者さんに対して処方箋に基づいた薬を調剤するだけではなく、薬歴管理を行ったり、健康管理を行ったりしてくれるような薬局が、これまでの「かかりつけ薬局」のイメージでした。ところが2015年9月14日、厚生労働省がついに「かかりつけ薬局の制度案」をまとめたのです。▼日本経済新聞「かかりつけ薬局、24時間対…

薬剤師の調剤過誤による健康被害が!そんなとき薬剤師の責任ってどれくらいあるの?

2016年03月24日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年3月24日: 薬剤師の調剤過誤はあってはならないことです。しかし人間が行うことですから、100%ないとは言い切れません。実際、調剤過誤により薬剤師や薬局側に責任があるとして判決が下されたこともあります。刑事責任・行政責任・民事責任など、さまざまな責任が考えられますが、必ずしも薬剤師ひとりにくだるわけではありません。 薬剤師として「調剤過誤」を起こさないためにどうすればよいか、万が一起こ…

薬剤師が進めるセルフメディケーションとは?今密かに注目されている療法をご紹介

2016年03月22日

【薬剤師】業界情報

《掲載日》 2016年3月22日: セルフメディケーションの定義は"自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること"です。▼厚生労働省「世界保健機構WHOの定義」参照http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/06/02.html 病気になったらすぐに病院に行くのではなく、薬の専門家である薬剤師などに相談し「自分で薬を選び治療する」こともセルフメディケーションで…

お役立ちブログTOPへ