APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】業界情報
  4. キャリアアップのために薬剤師がするべきことは?明日から始めるキャリアアッププラン!

【薬剤師】業界情報キャリアアップのために薬剤師がするべきことは?明日から始めるキャリアアッププラン!

2016年5月12日:

薬剤師としてキャリアアップして、高収入を得たいという方。
でも今すぐ何をすればいいのかはわからない・・・という方もいらっしゃるかもしれません。
キャリアアップのためには、いろいろな方法があります。
また「どんな薬剤師を目指すのか」でも、キャリアアップの方法は変わってきます。
「調剤薬局やドラッグストア」「病院」「製薬会社」、それぞれの職場でキャリアアップするにはどうすればいいのか?順にご紹介します。

「調剤薬局やドラッグストア」
コミュニケーション能力が重要

調剤薬局やドラッグストアの場合、お客さまと接する仕事になりますから、コミュニケーション能力があることは大事です。
また「対、お客さま」だけではなく、同じ店に勤める薬剤師同士、スタッフ同士のコミュニケーションをよくすることも大切。
つまり、調剤薬局やドラッグストアに勤める薬剤師の場合、医薬品やOTC医薬品の知識を深めることはもちろん、
人とのコミュニケーションを円滑にする能力も重要だということです。
調剤薬局やドラッグストアで収入をアップするためには、管理薬剤師になったり店長になったりすることも必要。
その場合にも「スタッフ同士のコミュニケーションを円滑にする」能力が求められます。

コミュニケーション能力をアップするには、ふだんから「人の話をよく聞く」「相手の気持ちを尊重しながら、
自分の考えを話す」などを意識することが大切です。
自分ではよくわからない・・・という場合は、コミュニケーション能力認定講座などを受けるのも、ひとつの方法かもしれません。

分野によっても違う「病院」
専門薬剤師の資格がキャリアアップに

病院で薬剤師として働く場合は、「調剤業務」だけではなく「製剤業務」「救命救急業務」「医薬品業務」など、さまざまな分野があります。
これらに関しては「薬に関する高度な知識」が求められますので、「医薬品について勉強する」ことがキャリアアップにつながります。

一方で、病棟内でチーム医療の一員として働く場合もあります。
その場合、「がん専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」「妊婦・授乳婦専門薬剤師」といった資格を取っておくことがキャリアアップにつながります。
もちろん自分の担当分野に即した専門性を磨くことが大切ですから、どの資格を取るかも大切です。
▼日本医療薬学会「薬剤師の専門性認定制度」参照
http://www.jsphcs.jp/general/02.php新しいウィンドウで開きます

病院内で「治験業務」にあたる方もいらっしゃると思いますが、それは次の「製薬会社」の中でお話しします。

職種によって違う「製薬会社」
コミュニケーション能力も必要

製薬会社も病院同様、さまざまな職種があります。
「研究職」「開発職」「MR職」「治験業務」などが一般的でしょうか。
「研究職」や「開発職」というと、地道にコツコツ仕事ができるという能力が評価されますが、それだけではありません。
実はコミュニケーション能力が高いことも評価のひとつになります。
なぜなら研究や開発は一人で行える仕事ではありませんから、チーム内の人と上手にコミュニケーションを取ることも必要なのです。
またコミュニケーション能力がもっとも必要とされるのは「MR職」です。
薬の営業が仕事内容ですから、人と接するのが苦手という方には向かない職業でもあります。

では「治験業務」については、どうでしょうか。
薬剤師の場合、治験の進行をモニタリングしたり検証や確認をしたりといったことが業務内容になります。
これもまた、医師や看護師たちとチームを組んで取り組みますから、コミュニケーション能力は必要です。

つまりいろんな職種がありますが、製薬会社で働く薬剤師にとってもコミュニケーション能力を磨くことは重要なのです。

薬剤師のキャリアアップ
どんな職場で自分のキャリアを磨くが重要

薬剤師のキャリアアップといっても、職場によってアップすべきキャリアが違うことがわかります。
ただし基本的に「コミュニケーション能力」があるかどうかは大切であるということも、ご理解いただけたでしょうか。
また、「薬の知識を深める」ことは、どんな分野においても必要です。

その上で「今の職場が自分には合っていない」という場合は、その職場でのキャリアアップを目指すよりも転職するほうが近道となることもあります。
自分にあった道でキャリアアップできるよう、ときには転職も視野にいれ考えてみてはいかがでしょうか。

薬剤師の求人・転職特集ページはこちら

お役立ちブログTOPへ