サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師の求人・転職情報ならアポプラス薬剤師
  2. 薬剤師の転職お役立ち情報
  3. 薬剤師の転職ノウハウ
  4. 調剤薬局の志望動機6つの例文とNG例!書き方のポイントも解説

調剤薬局の志望動機6つの例文とNG例!書き方のポイントも解説

登録日:

薬剤師としてのキャリアを見直し、新たな環境への転職を目指している方は、志望動機の重要性を痛感していることでしょう。自分の経験やスキルを最大限に活かせる職場を見つけるためには、魅力的で説得力のある志望動機が欠かせません。

しかし、何をどう書けばよいのか悩むことも多いのではないでしょうか。そこで本記事では、実際の例文を交えながら、成功する志望動機の書き方を詳しく解説します。

自分の想いを採用者にしっかりと伝えるためにも、ぜひご一読ください。

1. 調剤薬局の志望動機には何を書けばいい?

1.  調剤薬局の志望動機には何を書けばいい?

まず調剤薬局の志望動機に書かなくてはならないことは、以下の3つです。

  • その調剤薬局を志望した理由
  • 自分の強みやアピールポイント
  • 志望理由と自分の強みが合わさったビジョン

それぞれについて、詳しく解説していきます。

1-1. その調剤薬局を志望した理由

志望動機の書き始めは、なぜその調剤薬局で働きたいのか、志望した理由を簡潔に述べましょう。理由をただ羅列するのではなく、論理的にわかりやすく伝えることが重要です。

調剤薬局にはそれぞれ特色があり、薬の取り扱いや患者さまへの対応方法、提供しているサービスにも違いがあります。自分自身の目指すキャリアややりたいことなどを根拠に、興味を持った理由を伝えましょう。

採用担当者に「ほかの薬局でもよいのでは?」と思われないよう、志望先の調剤薬局に特化した理由を示すのがポイントです。

1-2. 自分の強みやアピールポイント

志望動機の後には、自分の強みやアピールポイントを書きます。

志望動機では、自分の強みやアピール要素をしっかりと伝え、調剤薬局の薬剤師としてどのように活躍できるのかを伝えることが大切です。

「私を採用することでこのようなメリットがあります」という意味合いで、自己PRをする必要があります。

1-3. 志望理由と自分の強みが合わさったビジョン

志望動機の後半には、志望理由と自分の強みが合わさったビジョンを記載します。その職場でどのように働きたいか、将来的にはどのような薬剤師になりたいかを明確に示すことで、採用担当者に自分の熱意と計画性を伝えられます。

例えば、志望理由が「地域密着型のサービスを展開し、患者さま一人一人に寄り添った対応を重視している貴社の理念に共感した」ためであれば、「コミュニケーション能力が高く、患者さまの立場に立った対応ができること」また、「薬剤の専門知識を活かして地域に貢献したい」といった思いを強調します。

実際に入社した後にどのような活躍をしたいのか伝えることが大切です。

志望動機と自分の強みを合わせることで、志望動機に説得力が増し、採用担当者に「この人なら活躍してくれそう」と思わせられるでしょう。

調剤薬局で働く薬剤師の仕事とは?業務内容・年収・キャリアパスまで詳しく解説

調剤薬局で働く薬剤師の業務内容・年収・キャリアパス・魅力・求められるスキルについて詳しく解説していきます。

2. ケース別!調剤薬局の志望動機6つの例文

ケース別!調剤薬局の志望動機6つの例文

いざ志望動機を書こうとしても、どうしても思い浮かばないこともあるかもしれません。ここでは、調剤薬局の志望動機の例文を、以下の6つのケースにわけて解説します。

  • 未経験職種への転職
  • 調剤薬局から調剤薬局への転職
  • 第二新卒での転職
  • 管理薬剤師や薬局長としての転職
  • 出産・子育てなどブランクからの再就職
  • 雇用形態が異なる場合の転職

自分の状況に似たケースがあれば、参考にしてください。

2-1. 未経験職種への転職

【例文】
大学卒業後、3年間、製薬企業のMRとして勤務しました。

営業活動や新薬の勉強会を通じて、調剤薬局の薬剤師と対話する機会が多くありました。その中で「薬剤師が患者さまの目線に立ち、業務を続けていてくれるからこそ、医薬品を手元に届けられる」ことを実感し、調剤薬局の薬剤師の仕事に魅力を感じるようになりました。

貴社では、地域に密着したサービスを提供していると伺っており、私が理想とする「患者さまに寄り添った対応」が実現できると考えています。

調剤薬局の薬剤師としての経験はありませんが、積極的に学び、スキルを磨くことで、貴社の発展に貢献していきたいと思います。

Good①『薬剤師が患者さまの目線に立ち~実現できると考えています。』
MRとしての前職の経験から、調剤薬局の薬剤師の重要性を実感したこと、志望する企業ならではの地域密着型サービスが自身の理想に合致していることを述べています。

Good②『調剤薬局の薬剤師としての経験はありませんが、積極的に学び』
また、未経験であることを認めつつも、積極的に学ぶ姿勢と貢献意欲を強調し、熱意と適応力をアピールしています。

2-2. 調剤薬局から調剤薬局への転職

【例文】
現在、耳鼻科・産婦人科を処方する調剤薬局に勤務しています。

今後の薬剤師としてのキャリアアップを見据え、より多くの業務を経験できる職場で働きたいと考え、貴社を志望しました。

患者さまと密接にかかわり、健康維持に貢献できる仕事に、やりがいを感じています。

貴社は、地域に根ざしたサービスや多様な研修制度が整っており、私が理想とする環境があると感じました。もし機会をいただけるのであれば、将来的には管理薬剤師やエリアマネージャーなどのポジションにも挑戦し、貴社の発展に貢献していきたいと考えています。

Good①『今後の薬剤師としてのキャリアアップを見据え、より多くの業務を経験できる職場で働きたい』
職務経験を活かしつつ、キャリアアップを目指していることを強調しています。

Good②『地域に根ざしたサービスや多様な研修制度が整っており、私が理想とする環境がある』
志望先の特徴である薬局の地域密着型サービスや多様な研修制度に魅力を感じている点を、具体的に述べています。

自身の成長意欲と貢献意欲を明確にアピールする方法として、参考にしたい志望動機です。

2-3. 第二新卒での転職

【例文】
私は現在、ドラッグストアで勤務しておりますが、薬剤師として活躍の場を広げたいと考え、調剤薬局への転職を決意しました。

貴社の「患者さま第一」の理念に共感しており、地域の皆様に密接にかかわりながら健康をサポートできる環境で働きたいと考えています。

ドラッグストアでの勤務期間はまだ短いですが、お客様に笑顔になってもらう接客を心掛けて業務にあたっていたため、コミュニケーション能力には自信があります。

採用していただけた暁には、患者さまに安心していただけるよう全力を尽くし、貴社の発展に貢献したいと考えています。

Good①『ドラッグストアで勤務しておりますが、薬剤師として活躍の場を広げたいと考え』
ドラッグストアでの経験を活かしつつ、スキルアップと新しい挑戦を求める姿勢を強調しています。

Good②『貴社の「患者さま第一」の理念に共感しており ~ コミュニケーション能力には自信があります』
志望先の調剤薬局の理念に共感していることや、自身のコミュニケーション能力という強みをアピールし、貢献意欲を具体的に述べています。

2-4. 管理薬剤師や薬局長としての転職

【例文】
管理薬剤師としての経験を活かし、さらなるキャリアアップを目指すために転職を決意しました。貴社の成長と地域医療への貢献に大きな魅力を感じております。

管理薬剤師としての経験を通じて、薬局運営やスタッフのマネジメント、患者さまとの信頼関係の構築など、多くのスキルを磨いてきました。

今後は貴社で、その経験を基により高いレベルのサービス提供を目指し、地域の皆様の健康維持に貢献したいと考えています。

さらなる成長の機会をいただけましたら、全力で取り組み、貴社の発展に貢献する所存です。

Good①『管理薬剤師としての経験を活かし、さらなるキャリアアップを目指すため』
管理薬剤師としての経験を前向きにアピールし、キャリアアップを目指す姿勢を強調しています。

Good②『その経験を基により高いレベルのサービス提供を目指し、地域の皆様の健康維持に貢献したい』
貴社の成長と地域医療への貢献に共感していることを伝え、自身のスキルと経験を活かして高いレベルのサービスを提供する意欲を示しています。

2-5. 出産・子育てなどブランクからの再就職

【例文】
出産と育児で5年間のブランクがあり、以前は病院で眼科を担当していましたが、子育てを通じて気軽に薬や健康管理の相談ができる「かかりつけ薬局」の重要性を実感しました。

そこで、地域医療に貢献したいという思いから、調剤薬局を志望しました。

貴社は育児支援に理解があり、地域住民を対象とした活動を積極的におこなっている点にも魅力を感じています。ブランクはありますが、必要な知識とスキルをしっかりと吸収し、地域の方々から頼られる薬剤師になりたいと考えています。

Good①『貴社は育児支援に理解があり、地域住民を対象とした活動を積極的におこなっている点にも魅力を感じています』
志望先の薬局の育児支援や地域活動に共感し、その環境で成長したいという前向きな姿勢を強調しています。

Good②『ブランクはありますが、必要な知識とスキルをしっかりと吸収し、地域の方々から頼られる薬剤師になりたい』
ブランクがあっても積極的に学び、貢献する意欲をアピールすることで、採用担当者に好印象を与えられる可能性があるでしょう。

2-6. 雇用形態が異なる場合の転職

【例文】
これまで4つの職場で内科、皮膚科、耳鼻科の調剤経験と、ドラッグストアでの勤務経験を積んできました。

現在、介護が必要な両親と同居しているため、私生活と両立しながら地域医療に貢献したいと考え、貴社の調剤薬局を志望しました。

在宅薬剤師として働ける環境が整っている貴社に魅力を感じています。また、住み慣れた地域で人々との信頼関係を構築し、地域医療の充実を目指すという経営理念に強く共感しています。

地元の患者さまとのつながりを大切にしながら、薬剤師としての業務をおこないたいという希望と貴社の環境が合致したため、応募いたしました。

Good①『4つの職場で内科、皮膚科、耳鼻科の調剤経験と、ドラッグストアでの勤務経験を積んできました。~私生活と両立しながら地域医療に貢献したい』
多様な職場経験を活かしつつ、介護との両立を目指している点を強調しています。

Good②『地域医療の充実を目指すという経営理念に強く共感し~希望と貴社の環境が合致した』
地元での信頼関係を重視し、地域医療を支える姿勢をアピールすることで、適応力と貢献意識を伝えています。

3. 調剤薬局の志望動機で採用者がチェックしていること

調剤薬局の志望動機で採用者がチェックしていること

調剤薬局の志望動機でチェックされるポイントは、主に以下の3つです。

  • 薬局に対する志望度は高いか
  • 社風や文化とマッチするか
  • 入社後の活躍がイメージできるか

それぞれ、詳しく解説していきます。

3-1. 薬局に対する志望度は高いか

調剤薬局の志望動機において、採用者がとくにチェックしているポイントの1つは、応募者の薬局に対する志望度が高いかどうかです。志望度の高さを示すためには、応募先企業について入念に調べたうえで、なぜ志望したのかを具体的に述べることが重要です。

まず、応募企業の公式ホームページを確認し、企業理念やコーポレートメッセージ、提供しているサービス、地域社会への貢献活動などを調べましょう。また、ニュースリリースやSNSの投稿などにも目を通すことで、企業の最新の取り組みや重点を置いている分野を把握できます。

志望動機に企業研究の成果を反映させることで、採用者担当者は「この応募者はしっかりと企業について調べ、強い関心を持っている」と認識するはずです。志望度の高さが伝わり、採用者に好印象を与えられるでしょう。

3-2. 社風や文化とマッチするか

調剤薬局の志望動機において、採用者が重要視している点の1つは、応募者が企業の社風や文化とマッチするかどうかです。企業の社風や方針に合わないと、力を発揮できないというケースもあるためです。

調剤薬局の社風は、公式ホームページや企業パンフレット、SNSなどを活用し、確認しておきましょう。

また、自分の価値観や仕事に対する姿勢が企業の社風と一致することを、根拠を示しながら説明できるとなおよいです。例えば、企業が「地域密着型のサービス提供」を重視している場合、自分が過去に地域貢献活動に取り組んできた経験や、患者さまへの対応力があることを説明します。

社風や方針を理解し、それに自分がどのようにフィットするかを示すことで、採用者に「この人なら我が社の環境で活躍できる」と感じてもらえるでしょう。

3-3. 入社後の活躍がイメージできるか

調剤薬局の志望動機において、採用者が重要視しているポイントの1つは、入社後の働き方です。志望動機から、応募者がどのように働くつもりか、どのように貢献してくれるかを把握し、自社に足りない要素を補ってくれる人材であるかを確認しています。

入社後の働き方を具体的に示すためには、まず自分がその企業でどのように働きたいか、どのように成長したいかを明確にすることが重要です。

例えば、「地域医療に貢献するために、患者さま一人一人に丁寧な対応を心掛けたい」や「在宅医療の経験を活かし、訪問薬剤師として地域の健康維持に努めたい」といった具体的なビジョンを示します。

次に、自社に足りない要素を補える点をアピールします。応募先の企業が新しいサービスを展開している場合、その分野での経験やスキルを強調するのも効果的です。

例えば、「貴社が新たに取り組んでいるオンライン相談サービスに興味があり、前職の研修で培ったITスキル経験を活かしたい」といった具体例をあげるとよいでしょう。

志望動機に入社後の働き方や具体的なビジョンを盛り込むことで、採用者にとって応募者が自社にどのように貢献してくれるかのイメージが掴みやすくなります。

4. 通過しやすい調剤薬局の志望動機を作るためのコツ

通過しやすい調剤薬局の志望動機を作るためのコツ

志望動機の書き方に、テクニックはあるのでしょうか。通過しやすい調剤薬局の志望動機を作るコツには、以下の2つがあります。

  • 読みやすい構成で書く
  • 実体験を盛り込む

それぞれ、詳しく解説します。

4-1. 読みやすい構成で書く

調剤薬局の志望動機を通過しやすくするためには、読みやすさが重要です。具体的には、PREP法(Point, Reason, Example, Pointの略)を意識した構成にすることで、わかりやすい志望動機を書くことができます。PREP法とは、わかりやすい文を書くためのフレームワークです。

まず結論(Point)を最初に述べることで、採用担当者に自分の志望動機を一目で理解してもらいやすくなります。例えば、「私は地域医療に貢献できる薬剤師として働きたいと考え、貴社を志望しました」というように、最初に結論を明示し、読む側の理解がスムーズになるよう工夫しましょう。

次に、その結論に至った理由(Reason)を述べます。ここでは、応募企業の特徴や理念、取り組みなど、自分が共感したポイントを具体的にあげます。例えば、「貴社の地域住民を対象とした健康セミナーや育児支援の取り組みに感銘を受けました」といった具合です。

その後、具体的な例(Example)をあげて、結論を裏付けしていきます。自分の経験やスキルがどのように貴社の取り組みに貢献できるかを示しましょう。例えば、「私はドラッグストアでの勤務経験を通じて、患者さまとの信頼関係を築く大切さを学びました」など、自分の経験がどのように役立つかを説明します。

最後に、もう一度結論(Point)を簡潔に述べて締めくくります。PREP法を用いることで、きれいな構成の志望動機が書きやすくなります。

4-2. 実体験を盛り込む

調剤薬局の志望動機を通過しやすくするためには、実体験を盛り込むことが重要です。実体験を基にした志望動機は、説得力が増し、採用担当者に自分の思いを強く伝えられます。

例えば、「自身や家族がその薬局を利用したときに受けた親切な対応や専門的なアドバイスが印象に残った」という実体験をあげるとよいでしょう。また、その経験から「自分もこんな薬剤師になりたい」と思ったことを伝えると、志望動機に一貫性が生まれます。

さらに、その調剤薬局を利用したときに感じたことや、改善できると思った点を盛り込むことで、より具体性が増します。例えば、「薬の説明が非常にわかりやすく、安心して利用できましたが、待ち時間を短縮できる方法を提案したい」といった具体的なエピソードを加えると、現実的な視点が加わり、応募者としての価値をアピールできます。

このように実体験を盛り込むことで、志望動機は単なる意欲表明ではなく、具体的で信憑性のあるものになります。実体験を基にした志望動機は、採用担当者に強い印象を与え、通過しやすくなるでしょう。

5. 調剤薬局の志望動機!NG例

調剤薬局の志望動機では、以下のような書き方はNGです。

  • どの企業にも当てはまる
  • 意気込みだけで根拠がない
  • 辞めることが前提になっている

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

5-1. どの企業にも当てはまる

【NG例文】
私は地域医療に貢献したいと考え、調剤薬局で働きたいと考えています。

患者さまに寄り添い、安心して薬を受け取ってもらえる環境を作りたいです。

貴社の調剤薬局も、そのような理念を持っていると聞いており、応募しました。

どの調剤薬局にも当てはまる一般的な内容で、具体性に欠けます。特定の企業についてのリサーチが不足しており、応募先の企業に対する興味や共感が伝わりません。採用者には「どこでもいいのではないか」「あまり調べていないのでは」と思われてしまう可能性があります。

志望動機を具体的で説得力のあるものにするためには、応募先企業の特徴や競合優位性、独自のサービスなどを詳しく調べ、それに基づいた具体的な理由を述べる必要があります。

5-2. 意気込みだけで根拠がない

【NG例文】
私は体力には自信があります。どんな困難な状況でも諦めずに頑張る気持ちがあります。

貴社で働くことで、いろいろなことに挑戦し、成長していきたいと思っています。

全力で取り組みますので、どうぞよろしくお願いします。

意気込みだけで、具体的な実績や業務経験が記載されていません。そのため、応募者がどのように企業に貢献できるかが明確に伝わらず、説得力に欠けます。意欲を伝えることは重要ですが、それだけでは企業に対して自分の魅力や能力を十分に伝えることはできません。

具体的な実績や経験を示し、それをどのように応募先企業で活かすかを述べることで、より信頼性と説得力のある志望動機となります。

5-3. 辞めることが前提になっている

【NG例文】
将来的には起業して自分の薬局を持ちたいと考えています。それまでの間、貴社で経験を積みたいと思っています。

貴社で学んだことを基に、自分のビジネスに活かしていきたいと考えています。短い期間でも全力で働きますので、どうぞよろしくお願いします。

将来的に起業することを前提にしており、長期的に企業に貢献する意図がないことを示唆しています。企業は通常、長期的に貢献してくれる人材を求めているため、このような志望動機はマイナスの印象を与えます。

応募者が自社の利益にどのように貢献するかを具体的に示し、長期的な視野での成長と貢献意欲を伝えることが重要です。

6. 調剤薬局への志望動機の書き方で悩んだら転職エージェントに相談しよう

調剤薬局への志望動機の書き方で悩んだら転職エージェントに相談しよう

志望動機は、採用担当者にあなたの熱意と適性を伝える重要なポイントです。本記事を参考にして、自分自身の経験やスキルを最大限に活かせる志望動機を作成しましょう。

しかし、一人で転職活動を進めるのは難しいと思うことはありませんか。薬剤師専門の転職エージェント「アポプラス薬剤師」では、あなたのキャリアをサポートするアドバイスや情報提供をおこなっています。豊富な求人情報から最適な職場を見つけるお手伝いをし、転職活動をバックアップします。転職を成功させるための強力なパートナーとして、ぜひ「アポプラス薬剤師」を利用してください。

「無料」でキャリア相談!

転職サポートに登録

メモアイコン

アポプラス薬剤師編集部

薬剤師のキャリアや働き方、薬剤師のお悩みや転職事情など、様々なテーマで薬剤師の皆様にお役立ちする情報をお届けいたします。ぜひ、定期的にチェックして、日々の情報収集にお役立てください。

 好条件の
調剤薬局求人は
転職のタイミングにあわせて求人をチェック

「アポプラス薬剤師」では、全国から集まる4万件以上の求人を紹介中。条件の良い調剤薬局求人を探している方におすすめの求人は?

新着記事一覧を見る >

薬剤師専門の転職サポート!30年の実績!

転職サポートに登録(無料)
過去の記事 薬剤師の転職でエージェントを活用する7つのメリット!選び方や注意点も解説

アポプラスキャリアの登録メリット

  1. 1
    「登録者限定求人」をすぐにご紹介します! 全体の80%以上がWEB公開していない求人。登録後、人気求人を優先的にご紹介します。
  2. 2
    あなたの希望条件により近づける調整をします! 求人条件はあなたの「最終条件」ではありません。より希望に近づける調整が可能です。
  3. 3
    応募から面接、就業条件の交渉まで全てお任せ! 就業中・育児中でもラクラク。企業とのやりとりは全てコンサルタントにお任せください。