APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】業界情報
  4. 未来の薬剤師の育成のために!薬剤師の先生とも言える指導薬剤師とは...?

【薬剤師】業界情報未来の薬剤師の育成のために!薬剤師の先生とも言える指導薬剤師とは...?

2015年12月3日:

指導薬剤師とは、6年制の薬学教育を受けている薬学生に対して、実務実習の際の指導にあたることができる薬剤師のことをいいます。
正確には「認定実務実習指導薬剤師」と呼ばれ、公益財団法人 日本薬剤師研修センターが主催する研修をうけ、認定された人だけが「認定実務実習指導薬剤師」と名乗ることができます。
もともとは薬剤師の資格があれば、だれでも実務実習の指導に当たることは可能だったのですが、薬学部6年制の導入に伴い、より即戦力の薬剤師を育てることが必要だとの見解から生まれた認定制度です。

未来の薬剤師を育成する、「認定実務実習指導薬剤師」にはどのようにすればなれるのか、「受講資格」や「認定要件」について、詳しくお話しします。

認定実務実習指導薬剤師
「受講資格」

まず、認定されるために必要な研修を受けるのに際し定められている「受講資格」についてお話しします。

  • (1)
    実務経験 薬剤師実務経験が5年以上あること。
    なお、6年制の薬学教育を受けて薬剤師となった者は、薬剤師実務経験が3年以上あれば、認定実務実習指導薬剤師養成研修を前もって受講することができるものとする。
    この場合、認定実務実習指導薬剤師の認定申請は、薬剤師実務経験が5年以上となってからでなければ行うことができない。
  • (2)
    勤務状況
    病院又は薬局における実務経験が受講しようとする時点において継続して3年以上であること、かつ、現に病院又は薬局に勤務している者であること。

その他、勤務先についての「望ましい条件」などが細かに記されています。 ただしあくまで「望ましい」という範囲ですので、一般的な病院や薬局に5年以上勤務している人であれば、問題なく受講資格を得ることができます。

認定実務実習指導薬剤師
「認定要件」

認定実務実習指導薬剤師になるには、次にご紹介する研修をすべて修了しなくてはいけません。

  • (1)
    ワークショップ形式の研修
    一般社団法人薬学教育協議会が認めるワークショップとする。なお、平成22年度までに開催された認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ又 は平成16年度以前の薬学教育者ワークショップを含む。
  • (2)
    講習会形式の研修(厚生労働省補助事業による講習会を含む。)
    講座ア 学生の指導について
    講座イ 薬剤師に必要な理念について
    講座ウ 実務実習モデル・コアカリキュラムについて
    講座オ 参加型実務実習の実施方法について
    ただし、認定申請の時点から過去5年以内に、病院又は薬局で学生指導に携わった経験を有する場合、講座アを免除する。
    講座エは「最新の薬剤師業務について」という内容で、すべての方が免除となっています。
  • 認定実務実習指導薬剤師
    「認定申請」「更新申請」

    受講資格があり、認定要件であるワークショップと研修をすべてクリアした人は、認定申請さえすれば「認定実務実習指導薬剤師」となることができます。
    提出書類の準備、認定申請料(5,143円)の振込が終われば、認定書が届きます。

    認定実務実習指導薬剤師は、認定の有効期間は6年間と定められています。
    更新に関しては、更新講習を受けるなどいくつかの条件があります。
    6年間の間、病院や薬局に勤務し、1度以上の実務実習生の指導実績があるか・・・など、細かく定められています。
    なお更新講習はe-ラーニングでも受講することが可能です。
    http://www.jpec.or.jp/kenshu/jyukou/kenshunintei_e-learning_shidoyakuzaishi.html PDF

    認定指導薬剤師を目指すなら
    後輩を育てるという強い意思を!

    認定実務実習指導薬剤師は、基本的には「5年以上の薬剤師実績」と「ワークショップ・研修の受講歴」があれば認定されます。 しかし、実際は「薬学生がいざ現場にたったとき、即戦力となってくれるよう」育てるという、強い意思も必要ではないでしょうか。 薬学教育が6年制となった今、もっとも若い薬剤師でも24歳となります。この年齢の若者が、すぐに戦力となって働いてくれる存在となることは、薬剤師界全体の大きな課題です。
    情熱をもって指導に当りたい!その意思をおもちの方は、ぜひ「認定実務実習指導薬剤師」となって、優秀な薬剤師を世に送り出していただければと思います。

    お役立ちブログTOPへ