APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】業界情報
  4. 日本では薬剤師に処方権は存在しない?処方権が与えられたら薬剤師はこんなこともできる!

【薬剤師】業界情報日本では薬剤師に処方権は存在しない?処方権が与えられたら薬剤師はこんなこともできる!

2016年3月10日:

日本の薬剤師に処方権がないということは、みなさんご存じのとおりです。
処方権は医師にあり、医師の書いた処方せんに従い薬剤師は調剤を行います。
薬剤師の役割は「医師の処方に間違いがないか」「患者の既存の薬との重複はないか」などのチェックをすることになっています。

しかし海外では、処方権が与えられている薬剤師も活躍しています。
日本では薬剤師に処方権を与えることには消極的なようですが、もし処方権が与えられたらどうなるのでしょうか?
処方権をもつ海外の薬剤師の実態について調べながら、考察します。

地位が高いといわれるアメリカの薬剤師
意識も大きく違います

アメリカの薬剤師の平均年収は1,100万円といわれており、その報酬からみても日本の薬剤師とは大きく違うことがわかります。
アメリカの保険制度は日本の制度と違い、公的な保険制度というものがありません。
そのため保険に加入しない国民や、私的な保険に加入している国民など、さまざまなパターンがあります。
つまり薬剤師は「薬を処方する」だけではなく、一人ひとりの保険状況にあわせて薬を選ぶ必要があり、その負担は大きくなります。
もうひとつの大きな違いは、アメリカの薬剤師に「処方権」があること。
州によって違いますから、すべての薬剤師に処方権があるというわけではありませんが、処方権があるかないかは、薬剤師の仕事に大きく関わってきます。
なんと処方権があるため、アメリカの薬剤師は予防接種なども行えるのです。

イギリスの薬剤師もアメリカ同様、処方権が!

イギリスの薬剤師も、アメリカ同様処方権があるようです。
こちらもすべての薬剤師に・・というわけではありませんが、処方権があるために、ドラッグストアで薬剤師が予防接種を行うということもあります。

カナダの論文
薬剤師の処方が高血圧患者を改善

カナダの薬剤師にも、アメリカ・イギリス同様「処方権」があります。
こちらも州ごとに定められていますので、すべての薬剤師というわけではありません。
もちろん処方権を与えることのできる州でも、実際に処方権を与えられている薬剤師は全体の10%ほどで、権限を与えるためにはさまざまな条件をクリアする必要があります。

そんな中、カナダで興味深い論文が発表されました。
その内容は「薬剤師が単独で高血圧患者に処方したところ、6カ月感で臨床的に意義のある降圧が得られ、当初コントロール不良だった対象者の目標血圧値達成率が非常に高かった」というもの。
▼日経メディカル「海外論文ピックアップ」参照
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/hotnews/etc/201506/542783.html新しいウィンドウで開きます

薬剤師が処方権を与えられることで得られたこの論文は、薬剤師のみなさんにとっても興味深いものといえるのではないでしょうか。

日本の薬剤師に処方権が与えられる日はくる?

薬剤師に処方権が与えられると、病院に行かなくても薬を処方してもらうことができたり、予防接種を受けることができたり、 患者さんにとってもさまざまなメリットがあると考えられます。
しかし実際に処方権を与えるということは、薬剤師の負担はかなり大きくなりますから、慎重にならざるを得ないことだといえます。
薬剤師の方の中でも、おそらく「処方権が欲しい」「処方権は必要ない」というように意見が分かれるのではないでしょうか。

処方権が与えられるようになった海外でも、まずは「テクニシャン制度」や「リフィール処方せん」を導入するなど段階を経てきています。

  • テクニシャン:薬剤師の補助を行う調剤助手
  • リフィール処方せん:継続して使用する薬の処方せん

日本でも今後薬剤師に処方権が与えられる日はくるかもしれませんが、まだその段階ではなく、先にクリアしておくべき事柄がたくさんありそうです。
薬剤師に処方権を与えるべきかどうかは、薬剤師のみなさん一人ひとりが考えるべき事柄といえるのではないでしょうか。

お役立ちブログTOPへ