APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. 転職お役だち情報
  3. 薬剤師の働き方紹介
  4. 病院・クリニックで働く薬剤師の仕事内容は?

病院・クリニックで働く薬剤師の仕事内容は?

病院・クリニックに勤務する薬剤師といっても、調剤に限らず、その業務内容はさまざまです。そこで、病院・クリニックに勤務する薬剤師が、いったいどのような仕事をしているのかについてご紹介します。

病院・クリニックで働く薬剤師の業務概要

病院薬剤師は、それぞれの病院・クリニックに所属し、勤務する薬剤師です。そのため、仕事内容も病院・クリニックの種類によって大きく異なります。入院施設のある大規模な総合病院では多くの仕事が発生する反面、ある分野に特化した仕事が求められるケースもあります。一方、単科の病院・クリニックの場合、実際に必要とされる薬の知識量なども多くはなく、仕事内容もそれほど多岐にはわたらないでしょう。その反面で、いくつかの業務を兼ねることもあります。

具体的な仕事内容がどのようなものなのかは、それぞれの病院・クリニックの姿勢や規模によっても、まったく異なってきます。ですから、漠然と病院・クリニック勤務を目指すのではなく、各院の業務内容を知った上で、希望の仕事ができる病院・クリニックへの就職を目指しましょう。

病院タイプによる仕事内容

薬剤師の仕事は、病院のタイプによって異なります。ここでは、大きく「急性期型病院」と「療養型病院」の2つに分けて、ご紹介します。

  • 急性期型病院
    「内科」や「皮膚科」などの、いわゆる「病院」のことです。具合が悪くなった方の診察を行い、適切な治療を提供するのが急性期型病院の役割です。「急性期」といっても、急激に症状や容態が悪くなるような方だけを受け入れるわけではなく、一般的な街の病院や、入院施設などがある総合病院なども急性期型病院に該当します。
    とはいえ、急性期型病院では容体が急変する患者も多くいるため、薬剤師も多忙で、さまざまなケースに臨機応変に対応していく必要が出てきます。難しさはあるものの、その分やりがいもあり、患者の回復に直接関われるという大きな喜びが味わえる勤務先といえるでしょう。
  • 療養型病院
    療養型病院は、一般の方がイメージする病院とは異なり、ある程度、病状の落ち着いた方が長期間入院することを想定して作られている施設です。高齢者が多く、容体の急変などの慌ただしい業務が少ない一方、長い時間患者に寄り添い、長期的にサポートしていくという特徴があります。
    ただし、厚生労働省は2017年度末で介護療養病床を廃止すると決定しています。これは、療養型病院を長期的に利用する人が多く、医療的なケアがそれほど必要でない方まで利用しているケースが見られるため、一度解体して、適切な施設に再編成しようという試みです。
    これから療養型病院への就職を目指したいという方は、その後の再編内容などについても意識しておくべきでしょう。

病院薬剤師の業務タイプ

病院薬剤師の業務は、いくつかの種類に分けることができます。それぞれの業務を兼任することもあれば、専門的な業務を行う場合もあります。

  • 調剤
    調剤業務は、病院・クリニックだけでなく、調剤薬局などでも行われている薬剤師のおもな仕事のひとつです。病院・クリニック内での調剤は、調剤薬局と同様に、医師の処方箋を元に外来患者に薬を調剤する「外来調剤」と、入院患者に対して調剤を行う「入院調剤」に分けられます。入院調剤は、病院薬剤師ならではの仕事です。
    また、病院薬剤師の仕事には、市販の薬を調剤する業務だけでなく、それぞれの患者に合わせて製剤を行う院内製剤業務もあります。さらに、病院・クリニック内で使用される注射剤の混注業務も行う場合があります。
  • 服薬指導
    外来患者や入院患者、また、状況によっては入院患者の家族などに対して、服薬指導を行います。どれほど効き目のある薬でも、正しいタイミング、正しい組合わせで飲まなければ希望どおりの効果を得ることができません。効果が高い薬はそれだけリスクも大きいため、正しく服薬する必要があります。それぞれの薬にどのような働きがあり、飲むときにどんなことに注意すべきなのかを指導する服薬治療は、患者の回復と安全のためにとても大切な仕事なのです。
  • DI
    DIは「Drug Information」の略で、日本語では医薬品情報業務と呼ばれています。さまざまな医薬品の情報を集めて分析し、医薬品の評価を行います。また、医師や看護師、病院スタッフ、患者などからの薬に関する問い合わせに答え、情報を提供することもDIの仕事のひとつです。
    情報収集は、新薬だけでなく、既存の薬の利用状況や副作用の情報などについても幅広く行います。また、病院内で収集した副作用の情報などを、厚生労働省に報告するのも仕事です。
  • 薬品管理
    病院・クリニックでは、安易に使用すると危険な薬も多数あります。病院薬剤師の仕事には、このような薬品が適切に使用されるように管理する業務も含まれます。在庫数の管理はもちろん、品質が保持されるよう温度や湿度、光についても管理を行います。
    また、病院・クリニックで使われる薬の中には、麻薬や覚せい剤の原料として利用できる物もあり、法に則った適切な管理を行わなければならないものもあります。これらについても、紛失したりすることがないよう、責任を持って管理を行います。

病院薬剤師に必要なスキルと経験

病院薬剤師として活躍していくためには、医師や看護師と連携して患者のケアをしていく「チーム」としての意識を持つことが大切です。そのため、ある程度のコミュニケーション能力がなければ務まらないといえるでしょう。また、患者や患者家族とのやりとりも多いため、一般の方がわかるように薬の説明をしたり、悩みを聞いて不安を払拭したりできるだけの対人スキルも求められます。
病院・クリニックには、日々多くの患者がやってきます。容体が急変する方も少なからずいますから、その時々で臨機応変な素早い対応をとることも必要です。

担当している診療科の薬についての詳しい知識を身に付けていることは、病院薬剤師にとって大切なことです。しかし、それと同時に対人スキルや、忙しさに負けずにモチベーションを保って仕事を続けられる意欲なども必要といえるでしょう。

病院薬剤師のメリット

病院薬剤師として働くメリットには、大きく次の2点が挙げられます。

  • やりがい
    患者の回復を確認しながらサポートしていける病院薬剤師は、非常にやりがいのある仕事です。また、医師や看護師と連携しながらチーム医療を行い、高度な治療を提供するという点でも、患者を健康へ導く充実感が得られるでしょう。「最先端の医療の現場で活躍している」というプライドを持って行える仕事です。
  • スキルアップ
    病院内での薬剤師の業務は多岐にわたります。さまざまな業務を経験する中で、薬剤師としてのスキルの底上げをしていくことができるでしょう。さらに、内科や眼科、皮膚科など、希望の診療科の薬剤師になることで、該当の科目の薬のスペシャリストを目指すこともできます。

病院薬剤師の年収

やりがいのある病院薬剤師の仕事ですが、給与はどのくらい得られるのでしょうか。病院薬剤師の年収についてご説明します。

平均年収

病院薬剤師の年収は、エリアによって大きく差がありますが平均350万~650万円ほどです。
勤める病院・クリニックや経験、年齢などによって具体的に得られる年収は異なりますが、一般的な薬剤師の年収よりは控えめな傾向があるかもしれません。特に、民間の小規模病院に勤める病院薬剤師は、それほど大きな昇給も見込めないため、生涯賃金はその分低めになってしまいます。

給与の特徴

病院薬剤師は、忙しさや業務の難しさの割には給与が低いという難点があります。特に急性期型病院では、多くの症例に対して臨機応変な対応をしなければならないにもかかわらず、平均給与はそれほど高くありません。しかし、その分スキルアップを図ることができるため、やりがいはあり、キャリアアップを目指す方におすすめの職場です。
一方、療養型病院は比較的残業などが少なく、急性期型病院ほど忙しくはありませんが、給与は高めの傾向があります。
国が医療費に割く財源を減らしている状況下では、コメディカルの人材に対して給与を上げにくいという現状があります。

アポプラスステーションの登録メリット

  1. 1
    「登録者限定求人」をすぐにご紹介します! 全体の80%以上がWEB公開していない求人。登録後、人気求人を優先的にご紹介します。
  2. 2
    あなたの希望条件により近づける調整をします! 求人条件はあなたの「最終条件」ではありません。より希望に近づける調整が可能です。
  3. 3
    応募から面接、就業条件の交渉まで全てお任せ! 就業中・育児中でもラクラク。企業とのやりとりは全てコンサルタントにお任せください。