APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. 転職お役だち情報
  3. 薬剤師の専門スキル特集
  4. 「かかりつけ薬剤師」になるには?

「かかりつけ薬剤師」になるには?

2016年の診療報酬改定に伴い新しくスタートしたのが、薬局での「かかりつけ薬剤師制度」です。これからの社会における健康と安心を支える担い手として、患者はもちろん、薬剤師の中でも注目が集まっています。
薬剤師のキャリアアップに役立てるべく、かかりつけ薬剤師として働くために必要なスキルや資格のほか、メリット・デメリットなどについて知っておきましょう。

かかりつけ薬剤師とは

昨今では、健康に気を配る人が増え、日常的に健康食品やサプリメントを愛用している人も少なくありません。また、持病などから継続的に薬を服用している人や、複数の病院から多くの薬を処方されている人も多くいます。そのような人たちにとって、薬の組合わせや副作用は、時に心配の種になります。かかりつけ薬剤師は、指名を受けた患者の専属薬剤師として、服用状況を継続的に把握し、重複している作用や組合わせによる副作用などがないかどうかを確認するのが仕事となります。また、薬の服用や管理に関わることから、体調や食事の管理など、患者の健康に関する全般の相談にも24時間態勢で応じます。さらに、処方医へ指導内容の提供や処方提案を行ったり、必要に応じて患者宅を訪問して服用薬の整理をしたりするなど、患者にとって最適な薬物治療を目指します。

かかりつけ薬剤師が服薬情報の一元的・継続的把握をすることで、異なる病院からの重複投与や、副作用を起こしかねない投薬の組み合わせなどの早期発見につながります。また、薬の正しい情報を伝えることで、患者が自己判断で中断してしまうようなことも防げるようになります。つまり、かかりつけ薬剤師は患者からの指名制となるため、質の高い医療を提供するとともに、地域に根付いた活動を通して信頼される薬剤師であることが大切なのです。
これらは、質の高い薬局・薬剤師づくりや医療費の削減などを目指す「かかりつけ薬剤師制度」における国の指針に沿ったものです。厚生労働省は、2025年までにすべての薬局をかかりつけ薬局にすることを目指しているため、今後、かかりつけ薬剤師のニーズは一層高まっていくと予想されます。

かかりつけ薬剤師になるには

かかりつけ薬剤師として患者の指名を受けられる立場になるには、いくつかの条件を満たしていなければなりません。

薬局の勤務経験と勤務時間

かかりつけ薬剤師になるための条件として、まずは下記の3点が必要となります。

  • 薬局勤務経験が3年以上
  • 勤務先の薬局にて週32時間以上勤務
  • 勤務先の薬局に6ヵ月以上在籍

病院での薬剤師勤務経験は、勤務年数に関係なく「1年」のカウントとなります。そのため、病院勤務からかかりつけ薬剤師の条件を満たすためには、2年以上の薬局勤務経験が必要となります。
また、たとえ同じ薬局での再雇用であっても、一度退職や転職をした場合は以前の実績がリセットされますので、直近の継続で条件を満たす必要があります。育児休暇などを取得している期間もカウントされないため、育児休暇期間を除いた3年以上の薬局勤務経験と、6ヵ月以上の在籍が必要となります。

研修認定薬剤師の認定取得

かかりつけ薬剤師になるための条件として、「薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定薬剤師の認定の取得」も必要となります。研修認定薬剤師は、日本薬剤師研修センターをはじめとする認定団体が「自己研鑽により資質向上努力を継続している」と認めた薬剤師に与える認定になります。
大別すると、「生涯研修認定制度」「特定領域認定制度」「専門薬剤師認定制度」があり、薬剤師としての職能の向上を図るものから、特定の分野に特化して知識や技術を習得するものまでさまざまです。かかりつけ薬剤師の場合は、特に認定の種類を限定していませんが、自身の勤める薬局や患者の様子から、必要と思われるものを取得するのが望ましいでしょう。

認定薬剤師の認定を得るには、各団体の定める期間内に所定の研修などを受講して決められた単位を取得し、認定試験を受けなければなりません。認定によっては、受験資格に実務経験や事例の提出が必須のものもあり、取得までに数年を要するものも少なくありません。かかりつけ薬剤師を目指すなら、早めに受験計画を立てることをおすすめします。

医療に関わる地域活動への参加

「医療に関わる地域活動への参加」をすることも、かかりつけ薬剤師になるための条件として挙げられます。具体的には、厚生労働省が次のような見解を公表しています。

  • 地域行政や医療関係団体などが主催する講演会への参加
  • 地域で多種職が連携して行っている研修会への参加や、演者としての実績
  • 子供たちに薬の適正使用について説明するなど、委託を受けて行う学校薬剤師の業務
  • 休日夜間薬局としての対応や、休日夜間診療所への派遣

おもに行政や薬剤師会などが地域住民に向けて主催する活動への参加となります。メーカー主催の勉強会などは、地域活動として認められません。

かかりつけ薬剤師の必要要件

  • 1.
    3年以上の保険薬局勤務経験
  • 2.
    同一の保険薬局で週32時間以上勤務
  • 3.
    勤務先の保険薬局に半年以上在籍
  • 4.
    薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定薬剤師の取得
  • 5.
    医療に係る地域活動や取り組みへの参加

かかりつけ薬剤師の給料・年収

400万~500万円台が相場といわれる薬剤師の年収ですが、かかりつけ薬剤師となることで、年収アップは見込めるのでしょうか?

かかりつけ薬剤師は、患者サイドからの指名のもと、同意書に署名をもらうことで成立します。
その後の指導などからは、指名してくれる患者が増えれば、それだけ加点が増えますし、薬局からの評価にもつながるため、年収アップが期待できます。

かかりつけ薬剤師のメリット・デメリットとは

一人ひとりの患者をトータルでケアするかかりつけ薬剤師は、一般の薬剤師よりも業務は増える反面、メリットも多くなります。かかりつけ薬剤師のメリットとデメリットとしては、それぞれ次のようなことが考えられます。

メリット
  • 人材不足のため年収が高い
    「かかりつけ薬剤師」制度は、2016年4月よりスタートした新しい制度です。高齢化が進む中、国の方針として地域医療を支える薬局の機能の充実が求められています。しかし、それに対応できる薬剤師が人材不足となっているのが現状です。そのため、転職市場ではとても需要があり、年収も高い傾向があります。特に「かかりつけ薬剤師」は、地域医療でより患者に寄り添った仕事のため、非常に注目されています。
  • 専属の薬剤師として信頼を得られる
    患者の薬を一元管理することで、より患者に添った服薬指導などができるようになります。薬や健康における不安を取り除き、正しい知識で安心を与えることができれば、患者の信頼も高まります。頼れる薬剤師として慕われることは、仕事へのやりがいやモチベーションアップにもつながります。 患者はプラスアルファの料金を払って、かかりつけ薬剤師を指名します。それだけの価値があると認められ、信頼されている証ともいえるでしょう。
  • 地域住民との交流が増える
    地域活動への参加などにより地域住民と交流する機会も増え、より地域とのつながりを感じられるようになります。そこでの出会いが、かかりつけ薬剤師への指名につながることもあるかもしれません。また、かかりつけ薬剤師の仕事を知ってもらうチャンスにもなります。
  • 薬剤師としてのスキルアップ
    患者の健康を全般的にサポートするため、一般の薬剤師の業務では経験しえなかったことにも直面するようになります。そこでの経験や知識は、薬剤師としてのスキルアップにつながります。
デメリット
  • 24時間の対応が必要
    かかりつけ薬剤師は、指名してくれた患者に連絡先と勤務スケジュールを渡さなければなりません。そのため、深夜や休日であっても、患者からの要請があれば24時間態勢で応じることになります。受け持つ患者が多くなるほど、要請の増える率が高まる可能性があります。
  • かかりつけ薬剤師として高い質を求められる
    併用薬や持病、体質、医療機関、処方情報など、患者のあらゆる状況を把握し、常に患者に合わせた情報提供を行う必要があります。突然の事態にも的確に対処し、電話での問い合わせなどでは、姿の見えない状況で指導をしなければなりません。そのため、患者個人の状況把握はもちろん、薬剤師としての質の高い洞察力も求められます。薬は患者の命に関わるものだけに、それなりの責任も伴います。

かかりつけ薬剤師の転職について

地域に根付き、専属薬剤師として働くかかりつけ薬剤師が転職する場合には、「受け持っている患者をどうするか」「調剤報酬に問題はないのか」「新たな勤務先で新規に患者を獲得できるか」など、多くの悩みがつきまといます。
しかし、実際はかかりつけ薬剤師が転職する際に、特別な手続きなどは必要ありません。一般的な転職と同様、患者を新しいかかりつけ薬剤師へと引き継ぐことができます。その際には患者の同意が必要で、かかりつけ薬剤師指導料は同一月内では同じ薬剤師が算定するため、ゆとりを持って調整することが望ましいでしょう。

転職するからには、待遇や年収アップも期待したいところです。希望に合う転職先を探すには、薬剤師専門の転職サイトを利用するのがおすすめです。ただし、医療機関によっては、かかりつけ薬剤師の抱え込みのために好条件を提示して、実際は過密な業務を課すところもあるようです。そのような思いをしないためにも、薬剤師専任コンサルタントによる転職サポートや転職後のアフターサポート体制が整っているアポプラスステーションの薬剤師専門転職支援サービスの利用をおすすめします。

アポプラスステーションの登録メリット

  1. 1
    「登録者限定求人」をすぐにご紹介します! 全体の80%以上がWEB公開していない求人。登録後、人気求人を優先的にご紹介します。
  2. 2
    あなたの希望条件により近づける調整をします! 求人条件はあなたの「最終条件」ではありません。より希望に近づける調整が可能です。
  3. 3
    応募から面接、就業条件の交渉まで全てお任せ! 就業中・育児中でもラクラク。企業とのやりとりは全てコンサルタントにお任せください。