APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. 転職お役だち情報
  3. 薬剤師の働き方紹介
  4. ドラッグストアで働く薬剤師の働き方・年収・メリットは?

ドラッグストアで働く薬剤師の働き方・年収・メリットは?

一般のスーパーマーケットやショップのようにたくさんの店舗があるドラックストアは、薬剤師の求人も多く、勤務しやすい職場です。では、ドラッグストアの薬剤師は具体的にどのような仕事を行うのでしょうか。ドラッグストア勤務の薬剤師の特徴についてご紹介します。

一般医薬品を販売するドラッグストアの仕事

ドラッグストアで多く扱われるのは、「一般用医薬品」という医者の処方箋がなくても購入できる医薬品です。いわゆる風邪薬や頭痛薬など、テレビなどでCMをしている薬の多くは一般用医薬品で、「大衆薬」「市販薬」とも呼ばれています。
一般用医薬品は、さらに第一類医薬品(ニコチン貼付剤など)、第二類医薬品(風邪薬など)、第三類医薬品(ビタミン剤など)に分けることができます。このうち、第二類医薬品は、薬剤師か登録販売者が情報提供を行って販売しなければいけません。また、第一類医薬品も、薬剤師が指導や情報提供をした上でなければ販売できない物です。
このように、情報を提供したり販売したりすることが、ドラッグストアでの薬剤師のおもな業務になります。カウンター越し(over the counter)にアドバイスをして売買することから、一般用医薬品は「OTC医薬品」ともいいます。
しかし、ドラッグストアでの薬剤師はこのような仕事だけを行うわけではなく、商品陳列やPOPの作成、レジ業務、一般的な来客対応業務なども、併せて行う必要があります。

調剤併設型ドラッグストアの仕事

調剤併設型のドラッグストアでは、一般用医薬品販売のドラッグストアの仕事に加えて、調剤業務も発生します。調剤薬局と同様の業務を行えるため、調剤についてのスキルや経験を積みたいという方にはおすすめの職場です。
調剤併設型ドラッグストアでの仕事は、調剤のみ行うというケースと、ドラッグストアの業務も併せて行うケースと、どちらもありえます。もし、「ドラッグストアに勤務したいけれども、仕事内容は調剤のみがいい」という場合は、予め仕事内容を確認しておくことをおすすめします。

ドラッグストアで働くメリット

ドラッグストアで働くメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

  • 給料が高い
    収入の高い求人が多い薬剤師の中でも、ドラッグストアは特に給与面での魅力が大きい職場です。ドラッグストアを経営している母体は大手企業である場合も多く、その分、待遇面に優れた求人が多いのです。
    さらに、ドラッグストアの店員として働く一般薬剤師として入社後、エリアマネージャーや本社の管理職などに昇進することで、より高い収入を目指すことが可能です。
  • 求人が豊富
    ドラッグストアは、薬剤師の求人の中でも数が多く、多数の求人の中から自分の希望に合った職場を探すことができます。時短やパート、派遣など、正社員以外の働き方を選択できる職場も多いため、ライフスタイルに合わせて働き方を変えることも可能です。
    また、求人が多いということは、それだけ薬剤師を求めているドラッグストアが多いということでもあります。売り手市場であれば、それだけスムーズに採用される可能性も高いでしょう。
  • さまざまなスキルを磨ける
    ドラッグストアには、さまざまな目的での来客があり、抱えている悩みも千差万別です。心身の悩みを聞き取って最適な薬を提案する業務は、難しさもありますがやりがいも十分です。たくさんの方とやりとりをして、多くの症例を見ることで、コミュニケーションスキルや薬剤師としての知識を深めることもできるでしょう。
    さらには、商品販売という観点から、経営に関するスキルを磨いていくこともできます。

ドラッグストアで働くデメリット

ドラッグストアで働く際は、メリットだけでなく、デメリットについても知っておかなければいけません。ドラッグストアならではの仕事の難しさについてご説明します。

  • 仕事中心の生活になりがち
    特に、正社員としてドラッグストアに就職した場合、プライベートの時間をうまく確保できない可能性が出てきます。ドラッグストアは、調剤薬局などよりも営業時間が長い上に、土・日・祝日も営業している場合がほとんどです。アルバイトスタッフの都合がつかなければ、社員がカバーする必要も出てくるでしょう。
  • 雑多な仕事も多い
    薬剤師といえども、来店客から見れば、「店員の一人」です。スタッフが足りなければ、商品の補充やレジ打ちなども行う必要があるでしょう。薬剤師としての仕事だけを行うわけではないということは覚えておかなければいけません。
    場合によっては、来店客からのクレーム対応などを行うこともあります。「薬を買ったのに効かない!」といった苦情や、「○○という薬がないとはどういうことだ!」といった苦情を受け止め、対応しなければならないこともあるかもしれません。
  • 薬剤師としてのやりがいには欠けることも
    調剤併設型ではないドラッグストアの場合、学びのない仕事になってしまう可能性があります。薬剤師として新薬の知識を身に付けていきたいという方や、薬のスペシャリストとしてキャリアアップを目指したいという方にとっては、物足りない仕事内容かもしれません。

どのような人がドラッグストアの薬剤師に向いているか

ドラッグストアで薬剤師をするのに向いているのは、いったいどのような人なのでしょうか。実際にドラッグストアで働いている薬剤師の方の例を参考に考えてみましょう。

必要なスキルや経験

ドラッグストアの薬剤師になるためには、やはりコミュニケーションスキルが必要となります。地域の方と密接な関わりを持つことになる仕事ですから、気持ち良くやりとりができなければなりません。また、それぞれの来店客が抱える悩みを聞いて、最適なアドバイスをする必要もあります。
そのため、接客のアルバイト経験や、「人に喜ばれる仕事がしたい」という気持ちが、ドラッグストアの薬剤師として活躍するのに役立つはずです。

ドラッグストアで活躍している薬剤師の例

実際にドラッグストアで活躍している薬剤師は、正社員、パート・アルバイト、派遣と、さまざまです。求人数も多く、都合に合わせた働き方が選べるため、正社員としてしっかり働いていきたいという方も、家事や育児の合間に働きたいという主婦の方も目指しやすい職場だといえるでしょう

実際にドラッグストアで働いている方の中には、「地域の方の役に立てる仕事がしたい」という思いからドラッグストアの薬剤師を志したという方もいます。調剤薬局は、処方箋をもらったときだけ立ち寄る場所ですが、ドラッグストアは、日々の生活の中でしばしば足を向ける場所です。地域の方とふれ合う機会もそれだけ多くなりますから、密なやりとりもできるようになります。

ドラッグストアの薬剤師としとて働くには

ドラッグストアの求人は、かなり数が多く、あちこちで目にすることができます。しかし、求人数が多いからこそ、その中から最も自分に適した職場を自分一人で見つけるのは困難ともいえるでしょう。
アポプラス薬剤師では、条件を細かくしぼって検索ができるため、希望に合った求人だけを的確にピックアップできます。求人情報を精査する手間を省き、効率良く転職活動を進めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

アポプラスステーションの登録メリット

  1. 1
    「登録者限定求人」をすぐにご紹介します! 全体の80%以上がWEB公開していない求人。登録後、人気求人を優先的にご紹介します。
  2. 2
    あなたの希望条件により近づける調整をします! 求人条件はあなたの「最終条件」ではありません。より希望に近づける調整が可能です。
  3. 3
    応募から面接、就業条件の交渉まで全てお任せ! 就業中・育児中でもラクラク。企業とのやりとりは全てコンサルタントにお任せください。