APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. 転職お役だち情報
  3. 薬剤師の働き方紹介
  4. 調剤薬局で働く薬剤師の仕事・年収は?

調剤薬局で働く薬剤師の仕事・年収は?

薬剤師の職場として代表的なのが、調剤薬局です。では、調剤薬局では、具体的にどのような仕事をするのでしょうか。調剤薬局での薬剤師の仕事と、必要なスキルについてご紹介します。

調剤薬局での薬剤師の仕事内容

調剤薬局での仕事としてよく知られているものに「調剤」があります。これは、医師が発行した処方箋を確認して、患者に必要な薬を作る仕事です。単純に処方箋どおりの薬を調剤するだけでなく、患者の症状に対してどのような処方がされているのかを確認し、処方ミスがないかどうかについてもチェックします。
さらに、患者に適切な服薬方法を説明する「服薬指導」や、患者の薬歴を管理する「薬歴管理」などの仕事も行います。

調剤薬局勤務で必要なスキル・経験

処方箋を出す病院の付近にある「門前薬局」では、該当の病院が扱っている診療科の薬に対する詳しい知識が必要となります
もちろん、患者に対して服薬指導を行ったり、薬歴管理を行ったりする必要があるため、コミュニケーション能力も必須です。
また、今後は、在宅医療を受けている患者に対するサポート業務が増えていく可能性もあるでしょう。そのため、より一層、患者やその家族の悩みに寄り添ってケアをしていく姿勢が必要になると考えられます。

調剤薬局で働くメリットとは

調剤薬局で働くメリットには、次のようなものがあります。

  • プライベートとの両立がしやすい
    調剤薬局は、営業時間もそれほど長くなく、土・日・祝日は休みというところもあります。そのため、残業なし、平日のみ業務に従事したいママ薬剤師や、家族の介護をしなければならない方なども、無理なく働けます。
  • その時々に応じた働き方ができることも
    全国にチェーンがある大手の調剤薬局であれば、家族の転勤などの都合で別の場所に行かなければならなくなったときも、近隣にある店舗への異動が認められる可能性があります。また、「出産後は時短で働きたい」「パートとして短時間だけ働きたい」といった希望に応じてもらえる可能性も高い職場です。
  • 仕事のやりがい
    地域の方に薬を処方する調剤薬局は、やりがいのある仕事です。地域に貢献できる仕事をしたいと考えている方にとっては、メリットが大きいといえるでしょう。

調剤薬局の年収

調剤薬局勤務の薬剤師の年収は、いったいどの程度なのでしょうか。年収をアップするポイントについてもご紹介しましょう。

調剤薬局の薬剤師の年収

調剤薬局の薬剤師の平均年収は、エリアにもよりますが新卒で400万円程度。その後、昇給していくと平均で500万円から600万円程度の年収が得られるようになります。薬剤師の仕事としては特別に高収入だというわけでもありませんが、長期にわたって安定した収入を得られる仕事だといえます。

年代・地域・雇用形態で違う年収

薬剤師の年収は、年代や地域、雇用形態などによっても異なります。また、「どこに勤めるか」「どのように勤めるか」ということでも変わります。それぞれの働き方における、具体的な年収についてご紹介しましょう。

  • 正社員の収入
    調剤薬局に正社員として就職した場合の収入は、月収22万円から30万円程度と、ほかの薬剤師の仕事に比べて特別高いというわけではありません。しかし、正社員として入社すると、充実した福利厚生を利用できたり、産休や育休などが取得しやすかったりするというメリットがあります。
    ライフスタイルに合わせて無理なく長く働き、最終的に生涯賃金を上げるという観点からすると、正社員として入社して安定した地位を得るというメリットもあるでしょう。
  • 派遣社員の収入
    それほど高収入ではないといわれる調剤薬局の仕事でも、派遣社員として働く場合は話が別です。時給3,000円オーバーの高収入の求人もあるため、短期間でまとまった金額を稼ぎたい方や、企業に所属せずに色々な薬局で仕事をしてみたいという方は、派遣社員として勤務してみてはいかがでしょうか。
    「非正規雇用」は収入が低いとされることもありますが、調剤薬局の薬剤師に限っていえば、かえって正社員よりも高い年収を得られる場合もあります。
  • パート・アルバイトの収入
    パート・アルバイトでも、調剤薬局であれば、高額の時給を得ることができます。調剤薬局は、短時間勤務の募集がかかることも多いため、プライベートを大切にしながら短い時間だけ働きたい場合は、パート・アルバイトの調剤薬局の薬剤師として手堅く稼ぐのがおすすめです。
  • 地域による年収の違い
    総合的な平均年収だけを比べると、大都市が高く、地方が安いという傾向があります。しかし、調剤薬局の場合は、地方のほうが、年収が高い場合もあります。
    調剤薬局は、都市部においても地方においても、必ずなくてはならないものです。そのため、人材が少ない地方においても一定数の薬剤師を雇用する必要があり、その結果として売り手市場となり、給与水準が高くなるのです。
  • 経営規模による年収の違い
    一般的な職業において、中小企業と大企業では大企業の給与が高く、待遇がいい傾向にあります。
    しかし、調剤薬局の薬剤師の場合は、一概にそうとはいえません。かなり大規模の調剤薬局チェーンの場合では、管理職になることで高額の給料を得ることもできるかもしれません。ところが、中規模の調剤薬局チェーンと小規模な調剤薬局を比べると、かえって小規模な調剤薬局のほうが、給料が高いケースがあります。これは、「どうせ就職するのなら大規模な調剤薬局がいい」と考える薬剤師が多いためです。小規模薬局の魅力を高めるために、経営者が高額の年収を提示している場合があるのです。
  • 年代による給料の違い
    調剤薬局の給料は、薬剤師としては平均的なところからスタートします。しかし、その後の昇給に関しては、それほど高くは望めないケースが多くなっています。管理薬剤師になることで手当てを上乗せすることはできますが、それも数万円程度です。
    そのため、20代、30代のうちは良くても、40代、50代と年齢を重ねてからも調剤薬局で働き続けるのであれば、ある程度大きなチェーンのエリアマネージャーなどの管理職を目指していくのがいいでしょう。

年収アップの方法とは

それほど年収の高くない調剤薬局の薬剤師でも、働き方によっては年収をアップさせる方法があります。ここでは、4つの年収アップの方法についてご紹介します。

  • 地方勤務をする、または転勤をいとわない
    地方の調剤薬局は、人手不足から高い給与を用意しているケースが多くなります。そのため、都市部に暮らしていたとしても、あえて地方の調剤薬局で働くことで年収アップを目指すことができます。薬局によっては、引越し費用や社宅などを用意してくれる場合もありますので、こまめに情報をチェックして、高収入の求人を見つけましょう。
    また、大手調剤薬局チェーンに就職した場合は、地方勤務でもいとわずに、積極的に異動をするという方法もあります。地方勤務になることで、手当が加算され、より難度の高い仕事を任されて、将来の出世につながる可能性があるからです。
  • 管理薬剤師になる
    一般の薬剤師として勤務し続けるよりも、管理薬剤師として活躍したほうが年収も上がります。調剤薬局に勤めたら、できるだけ早く、管理薬剤師としての仕事を任せてもらえる立場を目指しましょう。
    管理薬剤師になることで、給料に手当が上乗せされるだけでなく、より条件の良い求人などにも通りやすくなります。管理薬剤師としての経験を活かすことで、ドラッグストアや病院などでさらなるキャリアアップを目指せたり、別の管理薬剤師を急募している調剤薬局に転職したりといった道が開けるのです。
  • キャリアを積んで独立を目指す
    調剤薬局の薬剤師として、1,000万円超などといった高額の年収を目指したい場合は、独立して調剤薬局を開くことをおすすめします。独立するためには、管理薬剤師としての経験や知識はもちろん、経営に関する専門的な知識も必要になります。決して楽な道ではありませんが、需要がある地域に魅力的な調剤薬局を開くことができれば、大きな収入アップにつながる可能性があります。
  • 穴場の小規模な調剤薬局の求人をチェックする
    小規模な調剤薬局の求人は、年収が低い場合もあれば、大規模な調剤薬局よりもかえって高年収を狙えることもあります。日々こまめに求人情報をチェックすることで、このような「お宝求人」を見つけることもできるでしょう。
    穴場の小規模な調剤薬局の求人に出会えるかどうかは、転職を志したタイミングでうまく希望どおりの求人があるかといった「運」に左右される部分もあります。しかし、「いつかもっといい条件の調剤薬局に転職したい」と考えているのであれば、日頃からアンテナを高くしておくことが大切です。

調剤薬局で働くには

調剤薬局の薬剤師の求人情報は、あちこちの求人情報誌などに掲載されています。しかし、「自分の希望に合った」「働きやすい調剤薬局」を探すのは、簡単なことではないでしょう。

そこでおすすめなのは、薬剤師に特化した専門求人サイトです。調剤薬局はもちろん、病院・クリニック、ドラッグストアなど、具体的に勤務したい職場や雇用条件で検索できます。

また、アポプラスステーションでは、薬剤師専任コンサルタントが薬剤師の転職をサポートしていますので、ぜひご相談ください。

アポプラスステーションの登録メリット

  1. 1
    「登録者限定求人」をすぐにご紹介します! 全体の80%以上がWEB公開していない求人。登録後、人気求人を優先的にご紹介します。
  2. 2
    あなたの希望条件により近づける調整をします! 求人条件はあなたの「最終条件」ではありません。より希望に近づける調整が可能です。
  3. 3
    応募から面接、就業条件の交渉まで全てお任せ! 就業中・育児中でもラクラク。企業とのやりとりは全てコンサルタントにお任せください。