APOPLUS 薬剤師 Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 薬剤師 求人・転職TOP
  2. お役立ちブログ
  3. 【薬剤師】仕事内容・役割
  4. 高収入を狙うなら企業(製薬会社)で働くはアリ?ナシ?

【薬剤師】仕事内容・役割高収入を狙うなら企業(製薬会社)で働くはアリ?ナシ?

2016年1月6日

薬剤師として高収入を狙いたい・・そんなときに企業である「製薬会社」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
さまざまな職業の年収を調べるサイトによると、平成26年に算出した薬剤師の平均年収は531万円とされています。(平均月収38万円、平均ボーナス80万円)

勤務先別にみると以下のとおりです。

  1. 1.
    調剤薬局    約400~650万円くらい
  2. 2.
    ドラックストア 約400~700万円以上(店長クラス)
  3. 3.
    病院       約400~650万円くらい
  4. 4.
    製薬会社    約400~800万円以上(成果主義による営業職)

▼年収ラボ「薬剤師の平均年収」参照
http://nensyu-labo.com/sikaku_yakuzaisi.htm新しいウィンドウで開きます

確かにこの数字をみると、高収入を狙うなら製薬会社を就職先として考えるのはアリといえそうです。 実際にはどうなのか、詳しくみていきます。

製薬企業売上ランキング
上位5社はいずれも低迷気味!?

では次に、製薬会社の業界情報をチェックしていきます。
製薬会社の売上高トップ3は、

  1. 1位
    武田薬品工業
  2. 2位
    アステラス製薬
  3. 3位
    第一三共

となっています。

▼業界動向SEARCH.COM「製薬業界売上高ランキング」参照
http://gyokai-search.com/4-iyaku-uriage.htm新しいウィンドウで開きます

しかし、2014年の製薬協に加盟している22社の成長率は4.2%のマイナス成長という結果になっており、この上位3社も同じです。
これは国のジェネリック使用拡大策による影響が大きいといわれています。
そのため売上高ではランクインしないものの、ジェネリック専業メーカーである「沢井製薬」「日医工」「東和薬品」はいずれも前年比よりアップしています。

▼RISE UP CLUB「ジェネリック医薬品業界の動向1兆円市場の今」参照
http://www.bk.mufg.jp/houjin/riseupclub/2015/08/post-191.html?readmore=1#main新しいウィンドウで開きます

どの製薬会社を選ぶか?も年収をアップさせるという意味では必要なのかもしれません。

売上高上位VSジェネリック専業メーカー
現在の年収の差をズバリ!

売上高は高いが伸び率がいまひとつの「武田薬品工業」「アステラス製薬」「第一三共」、売上高は低いが伸び率のよい「沢井製薬」「日医工」「東和薬品」。
それぞれの製薬会社の年収を突き止めましたので、ご紹介します!

「武田薬品工業」943.5万円
「アステラス製薬」1,008万円
「第一三共」1,006万円
「沢井製薬」727万円
「日医工」668万円
「東和薬品」632万円

  • 平成24年度実績 有価証券報告書調べ

▼平均年収.jp参照
http://heikinnenshu.jp/新しいウィンドウで開きます

伸び率は下降気味とはいえ、やはり売上高上位の企業の年収は、かなり高くなっているようです。
もちろん平均年収ですので、すべての薬剤師がこの金額となるわけではありませんが、1,000万越えを目指せる企業が製薬会社の中にあることは間違いないようです。

薬剤師として高収入を目指すなら
製薬会社はアリ!

薬剤師として高収入を目指したいという理由で製薬会社を目指すのは、アリかナシかで問われれば「アリ」といえます。
これまでいろいろなデータをご紹介してきましたが「年収1,000万越え」というのは、やはり収入面のひとつのハードルといえるのではないでしょうか。

一方で製薬会社で薬剤師として働くといっても、職種はさまざまです。
武田薬品工業の例をみると薬学系が目指せる職種は、「研究職(CMC研究)」「研究職(一般用医薬品)」「知的財産職」「開発職(一般用医薬品)」「モニター職」「生産技術職」「製造職」があり、薬学系でないと働けないわけではありませんが、薬剤師の就職先のひとつとして「医薬用医薬品MR職」もあります。

いくら年収が高くても、自分が目指してはいない職種で働き続けるのは難しいのではないでしょうか。
就職先を探すときは「年収」などの給与面はもちろんチェックするポイントになりますが、薬剤師としてどんな仕事をしたいかについても検討したいところ。
医学の発展のために薬の研究をしたい⇒研究職
病気の方を助けるために薬の開発をしたい⇒開発職・モニター職
開発された薬の製造に携わりたい⇒生産技術職・製造職
なども職種選びの際の参考にしてください。

お役立ちブログTOPへ